BookLive「ブックライブ」のバッコス(1)無料試し読みコーナー


▼第1部/誕生編▼第2部/放浪編●登場人物/バッコス(数奇な運命をたどる少年)、ゼウス(偶然手に入れた多くの牛をもとに権力を得た男。バッコスを奴隷のように扱っていたが、やがて…)、マーゴ(バッコスと恋仲になる少女)、キロン(雨乞いをする祈祷師。バッコスにいたぶられることを至上の喜びとする倒錯者)●あらすじ/1800年代、アフリカ東部。旱魃(かんばつ)で全滅したある村の中に、奇跡的に生き長らえた一人の嬰児がいた。その子は、突然のスコールによってできた激流に飲み込まれ、泥の中に埋まってしまうが、通りがかった牛飼いの男によって助けられる。心優しい男は、その子を「バッコス(芽生えるものという意味)」と名付けた。だが男は、落石に遭い、死んでしまう。そこへやって来たのが、他人の妻に手を出した罰として、ある村を追放されたゼウスという男だった。彼は偶然手にした多くの牛とバッコスを連れて、元いた村に帰る。そこから事態は思いがけない方向へ…。●本巻の特徴/ゼウスの財産に惹かれた村の者たちは、再び彼を村に迎え入れた。ゼウスがその財力を武器に権力者になっていく一方、バッコスは誰からも人として扱われず、家畜の糞尿の中だけを安息の地として、孤独に、非人間的に成長していった。ゼウスとの愛憎、自分に優しくしてくれた動物や、少女・マーゴ、祈祷師・キロンとの出会いなどを通して、バッコスは激動の生涯を送っていく…。アフリカの大地を舞台に、権力や性に対する人間の原始的な欲望や、自然界の摂理を描く。神話伝説シリーズの中でも最長の作品で、衝撃的なシーンも数多く登場する問題作(物語は2巻へと続く)。初出は「第1部/誕生編」1976年8月~1977年1月、「第2部/放浪編」1977年1月~4月。●その他のデータ/巻末に、四方田犬彦氏によるエッセイ「孤児のカリスマ」を収録。詳しい作品の解説がなされている。
続きはコチラ



バッコス(1)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


バッコス(1)「公式」はコチラから



バッコス(1)


>>>バッコス(1)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)バッコス(1)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はバッコス(1)を取り揃えています。バッコス(1)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとバッコス(1)は648円で購入することができて、バッコス(1)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでバッコス(1)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)バッコス(1)を勧める理由


購入したあとで、「期待していたよりもつまらなく感じた」と悔やんでも、読んでしまった書籍は返品などできません。しかしながら電子書籍なら最初に試し読みができるので、こうした失敗をなくすことができるというわけです。
テレビにて放映されているものを毎週逃さず視聴するのは困難だとおっしゃる方でも、無料アニメ動画として見ることのできるものなら、各自のお好きなタイミングにて視聴することが可能です。
毎回本屋まで行くのは不便です。だからと言って、まとめ買いは外れだったときのお財布へのダメージが甚大です。BookLive「バッコス(1)」は読む分だけ買えるので、失敗する確率も低いと言えます。
無料電子書籍があれば、急に予定がなくなっても、時間のみが経過していくなどということがなくなると言えます。仕事の休憩時間とか通学時間などにおいても、結構エンジョイできるはずです。
無料コミックだったら、購入を迷っている漫画の最初だけを0円で試し読みするということができるわけです。決済する前にストーリーをそこそこ確かめることができるので、非常に人気を博しています。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






バッコス(1)の情報概要

                         
作品名 バッコス(1)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
バッコス(1)ジャンル 本・雑誌・コミック
バッコス(1)詳細 バッコス(1)(コチラクリック)
バッコス(1)価格(税込) 648円
獲得Tポイント バッコス(1)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ