BookLive「ブックライブ」の白土三平異色作品集 鬼泪無料試し読みコーナー


▼第1話/蛍の宿▼第2話/原人の墓▼第3話/鬼泪(第1章/今浦島、第2章/迷子、第3章/キリサキ、第4章/赤の家、第5章/石喰い、第6章/女星が消えた)●主な登場人物/▼蛍の宿:京子(蛍を持って海辺の旅館・磯屋を訪れた謎めいた女性)、明(磯屋旅館の一人息子)▼原人の墓:斉藤(伝承を信じ、山奥まで日本原人を探しに行く青年。天城観光ホテルに勤めている)、天城八重子(天城観光ホテルの経営者・天城重蔵の娘。斉藤と共に原人を探しに山へ向かうが…)▼鬼泪:石神栄次(27歳。東京で職を転々としていたが、5年ぶりに帰郷。故郷で働き口を探す)、磯貝松造(65歳。今も古い木製の船で海へ出る、腕のいい昔気質の漁師)●あらすじ/上京してはみたものの、都会の空気が肌に合わず、5年ぶりに故郷へ帰ってきた石神栄次。帰郷した栄次は、浜辺で漁師の松造に出会い、その生き方に影響を受ける…。漁師、陶芸家、採石場作業員らの姿を通し、誇りを持って仕事に向かう男たちの姿と、近代化に伴う自然破壊の弊害を描いた力作(第3話)。●本巻の特徴/表題作の他、海辺の旅館・磯屋の家族と、謎めいた美女・京子をめぐる物語「蛍の宿」、長野の山中へ日本原人を探しに行く二人の男女の顛末を描いた「原人の墓」の全3編を収録した、異色作品集。いずれも初出は81年。●その他のデータ/巻末に映画評論家・門間貴志氏によるエッセイ「『鬼泪』のキャスティングを考える自分がいる」を収録。
続きはコチラ



白土三平異色作品集 鬼泪無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


白土三平異色作品集 鬼泪「公式」はコチラから



白土三平異色作品集 鬼泪


>>>白土三平異色作品集 鬼泪の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)白土三平異色作品集 鬼泪の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は白土三平異色作品集 鬼泪を取り揃えています。白土三平異色作品集 鬼泪BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると白土三平異色作品集 鬼泪は648円で購入することができて、白土三平異色作品集 鬼泪を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで白土三平異色作品集 鬼泪を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)白土三平異色作品集 鬼泪を勧める理由


BookLive「白土三平異色作品集 鬼泪」を使えば、部屋に本棚を用意することは不要になります。欲しい本が発売になるたびに本屋へ出向く必要も無くなります。このような利点から、使用者数が増加しつつあるのです。
BookLive「白土三平異色作品集 鬼泪」は持ち運びに便利なスマホやiPadからアクセスすることができるわけです。冒頭だけ試し読みが可能なので、それ次第でその漫画を読むかを決断する人もたくさんいると言われています。
「買った漫画がありすぎて置き場所が確保できないから、購入するのをためらってしまう」という事が起こらずに済むのが、BookLive「白土三平異色作品集 鬼泪」の人気の秘密です。どんどん買ってしまっても、保管場所を心配せずに済みます。
漫画や本は、お店で内容を確認して買うか買わないかを確定する人が過半数を占めます。でも、この頃はBookLive「白土三平異色作品集 鬼泪」のサイト経由で簡単に内容を確認して、その本について買う・買わないを決める方が増えてきています。
「画面が小さいから文字が小さいのでは?」と疑念を感じる人もいますが、その様な人もBookLive「白土三平異色作品集 鬼泪」を手にしスマホで読んでみれば、その機能性に驚くでしょう。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






白土三平異色作品集 鬼泪の情報概要

                         
作品名 白土三平異色作品集 鬼泪
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
白土三平異色作品集 鬼泪ジャンル 本・雑誌・コミック
白土三平異色作品集 鬼泪詳細 白土三平異色作品集 鬼泪(コチラクリック)
白土三平異色作品集 鬼泪価格(税込) 648円
獲得Tポイント 白土三平異色作品集 鬼泪(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ