BookLive「ブックライブ」の真田剣流(1)無料試し読みコーナー


第一部・桔梗の巻▼第1話/第1章・妖術[プロローグ]▼第2話/怪人暗夜軒▼第3話/妖術(丑三)▼第4話/第2章・謎の群・真田の忍者▼第5話/謎の群▼第6話/真田剣流▼第7話/真田屋敷▼第8話/第3章・死の影・剣光▼第9話/割散▼第10話/猿風▼第11話/死の影▼第12話/第4章・密宗・風魔▼第13話/流光▼第14話/密宗▼第15話/丑の刻▼第16話/風穴▼第17話/茨木。第二部・丑三の巻(一)▼第18話/第1章・小法師▼第19話/第2章・夜鷹▼第20話/第3章・死の商人▼解説/副田義也 ●登場人物/桔梗(大和高原の一角に暮らす少女)。暗夜軒(丑三の術を操る謎の怪人)。油屋の妖蔵(油屋稼業の裏で人身売買や武器の売買も行う商人。丑三の書を狙う)。岩波乱童(桔梗の祖父。岩波流銃術の使い手)。 ●あらすじ/慶長年間、大和高原の一角の大自然の中で祖父の岩波乱童と暮らす娘・桔梗は、暗夜軒の一味に囲まれていた剣士の助けに入るが、逆に危機に陥ってしまったところを祖父に助けられる。暗夜軒は丑三の術で乱童の命を奪うといい残して消えていく。翌日から乱童の身の回りに不気味な人形が現れるようになり、乱童は高熱を発し、桔梗に一本の巻物を託して死んでしまう(第1話)。▼秘密の実験を見てしまった桔梗は、忍者に殺されかける。そこに金色の鳥が現れて桔梗を連れて飛び去っていくが、巻物を落としていってしまう。河原で意識を回復した桔梗は、巻物がないことに気づく……(第2話)。 ●その他の登場キャラクター/猿飛、霧隠、穴山小助(真田の忍者)。武蔵(剣術の修行のため放浪している。後に二刀流に開眼)。南海坊天海(家康の参謀役の怪僧。暗夜軒を操る)。服部半蔵(公儀隠密団の首領)。太郎(風魔の一族の忍者)。
続きはコチラ



真田剣流(1)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


真田剣流(1)「公式」はコチラから



真田剣流(1)


>>>真田剣流(1)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)真田剣流(1)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は真田剣流(1)を取り揃えています。真田剣流(1)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると真田剣流(1)は540円で購入することができて、真田剣流(1)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで真田剣流(1)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)真田剣流(1)を勧める理由


1冊1冊本屋まで行くのは時間の無駄遣いとなります。そうは言っても、一気買いは退屈な内容だったときのお財布へのダメージが甚大です。BookLive「真田剣流(1)」は読む分だけ買えるので、その辺の心配が不要です。
利用している人が右肩上がりで増えているのが、若い人に人気のBookLive「真田剣流(1)」です。スマホで漫画を購入することが普通にできるので、わざわざ書物を持ち運ぶことも不要で、持ち物を減らせます。
コミックサイトも様々存在します。それらのサイトを入念に比較して、自分の希望に近いものを選定することが大切です。そうすれば失敗することも少なくなります。
アニメ好きな方にとりましては、無料アニメ動画と申しますのは斬新だと言えるサービスです。スマホ1台あれば、都合に合わせて観賞することができるのです。
電子書籍を買うというのは、インターネット上で情報を取得することだと言っていいでしょう。サービスが終了してしまうようなことがあると、支払ったお金は無駄になりますので、必ず比較してから心配する必要のないサイトをチョイスしましょう。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






真田剣流(1)の情報概要

                         
作品名 真田剣流(1)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
真田剣流(1)ジャンル 本・雑誌・コミック
真田剣流(1)詳細 真田剣流(1)(コチラクリック)
真田剣流(1)価格(税込) 540円
獲得Tポイント 真田剣流(1)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ