BookLive「ブックライブ」のアンソロジー花音2017無料試し読みコーナー


《花の恩寵》本書は『花音』3巻目であり、完結編。これまで〈花の名詩を後世に遺そう〉という趣旨で刊行されてきたが、ここまでの刊行で名詩は続々誕生したことにより、一定の趣旨は満たされたと編集代表・山本十四尾氏は完結の経緯を語った。これまでの参加者は、2013版204人、2015版204人、2017版233人、延べ641人に昇る。出版社主体の刊行ではなく、小さな勉強会の「花話会」が発信した企画としては上々の結果と言えよう。そこには花の存在が後押ししたことが大きい。過去に花の詩だけのアンソロジーが仮に存在したとしても、今後はこれだけの規模の花のアンソロジーは生まれないだろう。解説しおり文で、柴田三吉氏は自身の経験から、折々の花から生だけでなく、老いと死を見つめる貴重な機会を得、それは花が与えてくれた恩寵だったと記している。さらには直喩の花、暗喩の花、換喩の花、概念の花、物語を媒介する花と、233人の花の詩を分析され、本書を含めた3部集は、私たちの大切な財産であると結んでいる。本書で詩化された花は227種。ベスト3は、桜、菊、薔薇である一方、1種1篇の花が101作品ある。これは過去の2巻を踏まえ、誰も書いていない花の詩を目指した参加者の心意気でもあろう。表紙装画は大阪在住の著名なイラストレーター黒岩多貴子氏によるもので、明るく爽やかな表紙も好評である。
続きはコチラ



アンソロジー花音2017無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


アンソロジー花音2017「公式」はコチラから



アンソロジー花音2017


>>>アンソロジー花音2017の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)アンソロジー花音2017の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はアンソロジー花音2017を取り揃えています。アンソロジー花音2017BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとアンソロジー花音2017は972円で購入することができて、アンソロジー花音2017を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでアンソロジー花音2017を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)アンソロジー花音2017を勧める理由


コミックの発行部数は、だいぶ前から減少傾向を見せている状態です。今までのマーケティングにこだわることなく、0円で読める無料漫画などを展開することで、新たな顧客の獲得を狙っています。
BookLive「アンソロジー花音2017」で漫画を手に入れれば、部屋の隅っこに本棚を設置する必要は皆無です。加えて、新刊を買うために本屋へ出向く手間も省けます。こうした特長から、利用を始める人が増えているというわけです。
電車を利用している間も漫画を満喫したいという方にとっては、BookLive「アンソロジー花音2017」ぐらいありがたいものはないでしょう。スマホをポケットの中に入れておくだけで、いつだって漫画をエンジョイできます。
ユーザーが急に増加しているのが無料のBookLive「アンソロジー花音2017」です。スマホを使って漫画を読むことが可能なわけですから、邪魔になってしまう本を常時携帯することも不要で、お出かけ時の持ち物のカサが減ります。
コミックサイトも様々存在します。それらのサイトを入念に比較して、自分がいいと思うものを見い出すことが重要です。そうすれば良いサイトと出会えます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






アンソロジー花音2017の情報概要

                         
作品名 アンソロジー花音2017
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
アンソロジー花音2017ジャンル 本・雑誌・コミック
アンソロジー花音2017詳細 アンソロジー花音2017(コチラクリック)
アンソロジー花音2017価格(税込) 972円
獲得Tポイント アンソロジー花音2017(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ