BookLive「ブックライブ」のエンディングノート無料試し読みコーナー


還暦を迎える男は、半年のあいだに対照的な二人の死を経験した。享年83の母と、27歳の元部下。晩年の母を介護したのは、妻だった。その母はエンディングノートを遺し死に支度も調えていたが、なぜか60歳以前の自分史にはまったく触れていなかった。元部下は鬱病とも失恋の末の自殺とも言われていたが、真相は定かではない。ただ二人には共通していたが、後悔の念だけは伺えなかった……。小説にしか描けない、「終活」の真実。
続きはコチラ



エンディングノート無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


エンディングノート「公式」はコチラから



エンディングノート


>>>エンディングノートの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)エンディングノートの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はエンディングノートを取り揃えています。エンディングノートBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとエンディングノートは1620円で購入することができて、エンディングノートを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでエンディングノートを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)エンディングノートを勧める理由


昔のコミックなど、売り場では取り寄せを頼まないと読むことができない書籍も、BookLive「エンディングノート」形態で諸々販売されていますから、スマホのボタンを操作するだけで手に入れて閲覧可能です。
「目に見える場所に置くことができない」、「所持していることも押し隠したい」と思ってしまう漫画でも、BookLive「エンディングノート」を役立てれば周囲の人に知られずに見られます。
「電車の乗車中にカバンから漫画を出すなんて出来ない」、そういった方でもスマホにそのまま漫画を入れることができれば、人目を気にする必要がなくなるはずです。ココがBookLive「エンディングノート」の凄さです。
電子書籍でなければ漫画を買わないという人が右肩上がりに増えています。バッグなどと一緒に携帯する必要もないですし、本を片付ける場所も必要ないからなのです。プラスして言うと、無料コミックサービスもあるので、試し読みもできてしまいます。
「連載という形で販売されている漫画だからこそいいんだ」という方には不要です。しかしながら単行本になるまで待ってから見るというファン層からすれば、先に無料漫画にて内容を試し読みできるのは、何より嬉しいことなのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






エンディングノートの情報概要

                         
作品名 エンディングノート
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
エンディングノートジャンル 本・雑誌・コミック
エンディングノート詳細 エンディングノート(コチラクリック)
エンディングノート価格(税込) 1620円
獲得Tポイント エンディングノート(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ