BookLive「ブックライブ」のレッドリスト無料試し読みコーナー


記録的な寒波に襲われた東京で、原因不明の感染症が発生。死亡者が出る事態となり、厚生労働省の降旗一郎は、国立感染症研究所の都築裕博士とともに原因究明にあたる。さらに六本木で女性が無数の吸血ヒルに襲われ、死亡するという事件も勃発。未曾有の事態に翻弄される降旗たちは解決の糸口を見つけられずにいた。同じ頃、東京メトロの地下構内で複数の切断死体が発見された。警察は監視カメラの映像を消し失踪した職員を大量殺人の容疑者として追い始める。次々と前代未聞の事態が発生しパニック状態の都民に、狂犬病ウイルスに感染し死亡する者が続出し始めた。いったい、極寒の東京で何が起きているのか……。
続きはコチラ



レッドリスト無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


レッドリスト「公式」はコチラから



レッドリスト


>>>レッドリストの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)レッドリストの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はレッドリストを取り揃えています。レッドリストBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとレッドリストは1296円で購入することができて、レッドリストを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでレッドリストを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)レッドリストを勧める理由


スマホにダウンロードできるBookLive「レッドリスト」は、通勤時などの持ち物を減らすのに有効だと言えます。カバンやリュックなどの中に何冊もの本を詰め込んで持ち運ばなくても、手軽に漫画をエンジョイすることが可能になるのです。
「並んでいるタイトル全てが読み放題だったら、どんなに楽しいだろう」という漫画好きの声を元に、「月額料金を支払えば購入の度に料金が発生しない」という形式の電子書籍が考えられたわけです。
「大筋を把握してからでないと不安だ」と思っているユーザーにとって、無料漫画と申しますのはメリットの大きいサービスだと考えて良さそうです。運営者側からしましても、新規顧客獲得に効果のある戦略だと言えます。
昨今はスマホを利用して楽しむことができる趣味も、どんどん多様化が進展しています。無料アニメ動画を筆頭に、無料電子書籍やスマホでできるゲームなど、いろんなコンテンツの中から選択可能です。
読み放題というサービスは、電子書籍業界においては正に画期的とも言えるトライアルです。ユーザーサイドにとっても著者や出版社にとっても、魅力が多いと言えるでしょう。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






レッドリストの情報概要

                         
作品名 レッドリスト
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
レッドリストジャンル 本・雑誌・コミック
レッドリスト詳細 レッドリスト(コチラクリック)
レッドリスト価格(税込) 1296円
獲得Tポイント レッドリスト(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ