BookLive「ブックライブ」の三国志名臣列伝 後漢篇無料試し読みコーナー


宮城谷文学の決定版「三国志」シリーズ 孝心(親孝行)を奨励した後漢末期、名臣が輩出した。皇帝の外戚の何進、劉備の師となる盧植、曹操に重用された荀イク(じゅんいく)ら七人を描く 後漢という時代は、人の美質のなかで、「孝心」を至上とした。能力よりも得を重視し、その徳の基(もとい)は、父母によく尽くす心とおこないにあるとした。官吏の採用にも、その基準が適用された。これは、目上の人に礼儀正しく、人におもいやりのある者に政治をさせようとする狙いであり、べつのいいかたをすれば、政治を冷えないようにさせる制度である。(中略) 親孝行を奨励する風潮が悪いはずはなく、たしかにその制度にそって名臣が輩出した。(本文より)○妹が皇后となり、一介の肉屋の息子から皇帝の外戚として出世し、王朝の屋台骨を支えた何進(かしん)。○黄巾の乱で功を上げ、董卓に対抗した朱儁(しゅしゅん)は、深く母を愛し、後漢王朝が掲げた「孝」の手本となった。○「王佐の才(皇帝あるいは王を輔ける才能を持った者) がある」と言われ、後年、董卓の暗殺に成功した王允(おういん)。○身長八尺二寸(189センチ)、学者ながら軍人としても優れた才能を発揮した盧植(ろしょく)。若き日の劉備は蘆植の学舎で学んだ。○孔子二十世の子孫で、幼少期から才気溢れていた孔融(こうゆう)。権力者の曹操に対しても果敢にその否を鳴らしたが……。○『書経』や『史記』に学び文武に優れた皇甫嵩(こうほすう)は私利を追わず、その生涯を霊帝へ忠義に捧げた。○曹操と献帝の双方から重用され、板ばさみに苦悩した“陰徳の人”荀イク(じゅんいく)。張角率いる「黄巾の乱」が勃発した後漢末期の「名臣」たちの生涯。
続きはコチラ



三国志名臣列伝 後漢篇無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


三国志名臣列伝 後漢篇「公式」はコチラから



三国志名臣列伝 後漢篇


>>>三国志名臣列伝 後漢篇の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)三国志名臣列伝 後漢篇の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は三国志名臣列伝 後漢篇を取り揃えています。三国志名臣列伝 後漢篇BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると三国志名臣列伝 後漢篇は1500円で購入することができて、三国志名臣列伝 後漢篇を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで三国志名臣列伝 後漢篇を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)三国志名臣列伝 後漢篇を勧める理由


マンガの売れ上げは、毎年のように低下の一途を辿っている状況です。古くからの販売戦略に捉われず、積極的に無料漫画などを提示することで、新規顧客の獲得を目論んでいます。
「大体のストーリーを確認してからでないと買えない」という意見をお持ちの人からすると、無料漫画と申しますのは利点の大きいサービスなのです。販売側からしましても、ユーザー数増大に結び付くわけです。
ネットにある本の通販サイトでは、原則タイトルと作者、おおよそのあらすじしか確認できません。でもBookLive「三国志名臣列伝 後漢篇」でしたら、かなりの部分を試し読みで確認することができます。
先に試し読みをして漫画のストーリーやイラストを踏まえた上で、納得して買うことができるのがウェブで読める漫画のメリットです。買う前に内容を把握できるので間違いがありません。
漫画が趣味であることを秘密裏にしておきたいと言う人が、ここ最近増えていると言われます。家に漫画を置きたくないとおっしゃる方でも、BookLive「三国志名臣列伝 後漢篇」を使えば誰にも気兼ねせずに漫画に没頭できます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






三国志名臣列伝 後漢篇の情報概要

                         
作品名 三国志名臣列伝 後漢篇
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
三国志名臣列伝 後漢篇ジャンル 本・雑誌・コミック
三国志名臣列伝 後漢篇詳細 三国志名臣列伝 後漢篇(コチラクリック)
三国志名臣列伝 後漢篇価格(税込) 1500円
獲得Tポイント 三国志名臣列伝 後漢篇(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ