BookLive「ブックライブ」のPythonによる数値計算とシミュレーション無料試し読みコーナー


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。『C による数値計算とシミュレーション』のPython版登場!! 本書は、シミュレーションプログラミングの基礎と、それを支える数値計算の技術について解説します。数値計算の技術から、先端的なマルチエージェントシミュレーションの基礎までをPythonのプログラムを示しながら具体的に解説します。 アルゴリズムの原理を丁寧に説明するとともに、Pythonの便利な機能を応用する方法も随所で示すものです。まえがき第1章 Pythonにおける数値計算1.1 Pythonによる数値計算プログラムの構成1.1.1 Pythonによる数値計算プログラム1.1.2 Pythonモジュールの活用1.2 数値計算と誤差1.2.1 数値計算における誤差1.2.2 数値計算における誤差の実際1.2.3 Pythonモジュールの活用章末問題第2章 常微分方程式に基づく物理シミュレーション2.1 質点の1次元運動シミュレーション2.1.1 自由落下のシミュレーション2.1.2 着陸船のシミュレーション2.2  ポテンシャルに基づく2次元運動シミュレーション2.2.1 ポテンシャルに基づく2次元運動2.2.2 2次元運動シミュレーション2.3 Pythonモジュールの活用章末問題第3章 偏微分方程式に基づく物理シミュレーション3.1 偏微分方程式の境界値問題3.1.1 ラプラスの方程式3.1.2 ラプラスの方程式の境界値問題3.1.3 境界値問題の数値解法3.1.4 ガウスの消去法による境界値問題の計算3.1.5 逐次近似による境界値問題の計算3.1.6 その他の二階偏微分方程式3.2 ラプラスの方程式による場のシミュレーション3.2.1 ラプラスの方程式の反復解法プログラム3.2.2 より複雑な形状の領域の場合3.3 Pythonモジュールの活用章末問題第4章 セルオートマトンを使ったシミュレーション4.1 セルオートマトンの原理4.1.1 セルオートマトンとは4.1.2 セルオートマトンの計算プログラム4.2 ライフゲーム4.2.1 ライフゲームとは4.2.2 ライフゲームのプログラム4.3 交通流シミュレーション4.3.1 1次元セルオートマトンによる交通流のシミュレーション4.3.2 交通流シミュレーションのプログラム章末問題第5章 乱数を使った確率的シミュレーション5.1 擬似乱数5.1.1 乱数と擬似乱数5.1.2 乱数生成アルゴリズム5.1.3 Pythonの乱数生成モジュール5.2 乱数と数値計算5.2.1 数値積分と乱数5.2.2 乱数と最適化5.3 乱数を使ったシミュレーション5.3.1 ランダムウォーク5.3.2 ランダムウォークシミュレーション5.4 Pythonモジュールの活用章末問題第6章 エージェントベースのシミュレーション6.1 エージェントとは6.
続きはコチラ



Pythonによる数値計算とシミュレーション無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


Pythonによる数値計算とシミュレーション「公式」はコチラから



Pythonによる数値計算とシミュレーション


>>>Pythonによる数値計算とシミュレーションの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Pythonによる数値計算とシミュレーションの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はPythonによる数値計算とシミュレーションを取り揃えています。Pythonによる数値計算とシミュレーションBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとPythonによる数値計算とシミュレーションは2700円で購入することができて、Pythonによる数値計算とシミュレーションを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでPythonによる数値計算とシミュレーションを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)Pythonによる数値計算とシミュレーションを勧める理由


コミックの売り上げは、時間経過と共に縮減している状態なのです。古くからの販売戦略に固執せず、直接的には利益にならない無料漫画などを広めることで、新規利用者の獲得を狙っているのです。
スマホがたった1台あれば、気の向くままに漫画の虫になることが可能なのが、コミックサイトの最大のポイントです。1冊1冊で買うスタイルのサイトや月額課金制のサイトなど様々です。
あらゆるサービスを追い抜く形で、こんなに無料電子書籍というものが浸透してきている要因としては、地元の書店が姿を消してしまったということが挙げられると思います。
漫画を購入するというなら、BookLive「Pythonによる数値計算とシミュレーション」を活用して少しだけ試し読みをするべきです。物語の中身や主人公の外見などを、事前に見れるので安心です。
ここ最近、電子書籍業界では価格破壊的な「読み放題」というプランが提供され注目を集めています。1冊ごとにいくらというのではなく、1カ月単位でいくらという課金方式なのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






Pythonによる数値計算とシミュレーションの情報概要

                         
作品名 Pythonによる数値計算とシミュレーション
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
Pythonによる数値計算とシミュレーションジャンル 本・雑誌・コミック
Pythonによる数値計算とシミュレーション詳細 Pythonによる数値計算とシミュレーション(コチラクリック)
Pythonによる数値計算とシミュレーション価格(税込) 2700円
獲得Tポイント Pythonによる数値計算とシミュレーション(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ