BookLive「ブックライブ」の燕雀の夢 (角川ebook)無料試し読みコーナー


群雄割拠の時代に、一際異彩を放つ父親たち。戦国の英傑たちの父は、何を夢みたのか──。上杉家と国人衆の狭間で、長尾家の生きる道を模索する上杉謙信の父・長尾為景「下剋の鬼」。隠居後も息子の戦いに我を重ねる武田信玄の父・武田信虎「虎は死すとも」。父子相剋の歴史を断ち切るため、我が子に己の戦いを見せる伊達政宗の父・伊達輝宗「決別の川」。愛する者を守るために、苦渋の決断を重ねる徳川家康の父・松平広忠「楽土の曙光」。“うつけ殿”と揶揄される息子に対し、ただ一人恐れを抱く織田信長の父・織田信秀「黎明の覇王」。貧しき暮しを抜け出すため、戦での手柄を夢見る豊臣秀吉の父・木下弥右衛門「燕雀の夢」の六篇を収録した著者渾身の歴史小説。※本書は、2017年2月25日に配信を開始した単行本「燕雀の夢」をレーベル変更した作品です。(内容に変更はありませんのでご注意ください)
続きはコチラ



燕雀の夢 (角川ebook)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


燕雀の夢 (角川ebook)「公式」はコチラから



燕雀の夢 (角川ebook)


>>>燕雀の夢 (角川ebook)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)燕雀の夢 (角川ebook)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は燕雀の夢 (角川ebook)を取り揃えています。燕雀の夢 (角川ebook)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると燕雀の夢 (角川ebook)は1188円で購入することができて、燕雀の夢 (角川ebook)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで燕雀の夢 (角川ebook)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)燕雀の夢 (角川ebook)を勧める理由


使っている人が急に増加しているのがBookLive「燕雀の夢 (角川ebook)」なのです。スマホで漫画を満喫することが可能なわけですから、労力をかけて本を常時携帯する必要もなく、手持ちの荷物が少なくて済みます。
「アニメに関しては、テレビで見ることができるもののみ見ている」というのは、今となっては古すぎる話と言えるでしょう。そのわけはと言うと、無料アニメ動画などをオンラインで見るというスタイルが一般化しつつあるからです。
スマホで見ることができるBookLive「燕雀の夢 (角川ebook)」は、どこかに行くときの荷物を極力減らすのに役立ちます。カバンの中に重たくなる本を何冊も詰めて持ち歩くなどしなくても、好きなようにコミックを楽しむことが可能なわけです。
漫画が趣味であることをヒミツにしておきたいと考える人が、近年増えていると聞いています。マイホームに漫画を置きたくないというような状況でも、BookLive「燕雀の夢 (角川ebook)」経由なら誰にも知られることなく漫画に没頭できます。
コミックと言えば、「10代向けに作られたもの」だと考えているのではないでしょうか?だけれど近年のBookLive「燕雀の夢 (角川ebook)」には、中高年層の人が「10代の頃を思い出す」と言われるような作品もたくさんあります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






燕雀の夢 (角川ebook)の情報概要

                         
作品名 燕雀の夢 (角川ebook)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
燕雀の夢 (角川ebook)ジャンル 本・雑誌・コミック
燕雀の夢 (角川ebook)詳細 燕雀の夢 (角川ebook)(コチラクリック)
燕雀の夢 (角川ebook)価格(税込) 1188円
獲得Tポイント 燕雀の夢 (角川ebook)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ