BookLive「ブックライブ」の極夜行無料試し読みコーナー


探検家にとっていまや、世界中どこを探しても“未知の空間”を見つけることは難しい。大学時代から、様々な未知の空間を追い求めて旅をしてきた角幡唯介は、この数年冬になると北極に出かけていた。そこには、極夜という暗闇に閉ざされた未知の空間があるからだ。極夜――「それは太陽が地平線の下に沈んで姿を見せない、長い、長い漆黒の夜である。そして、その漆黒の夜は場所によっては3カ月から4カ月、極端な場所では半年も続くところもある」(本文より)。彼は、そこに行って、太陽を見ない数カ月を過ごした時、自分が何を思い、どのように変化するのかを知りたかった。その行為はまだ誰も成し遂げていない“未知”の探検といってよかった。シオラパルクという世界最北の小さな村に暮らす人々と交流し、力を貸してもらい、氷が張るとひとりで数十キロの橇を引いて探検に出た。相棒となる犬を一匹連れて。本番の「極夜の探検」をするには周到な準備が必要だった。それに3年を費やした。この文明の時代に、GPSを持たないと決めた探検家は、六分儀という天測により自分の位置を計る道具を用いたため、その実験や犬と自分の食料をあらかじめ数カ所に運んでおくデポ作業など、一年ずつ準備を積み上げていく必要があった。そしていよいよ迎えた本番。2016年~2017年の冬。ひたすら暗闇の中、ブリザードと戦い、食料が不足し、迷子になり……、アクシデントは続いた。果たして4カ月後、極夜が明けた時、彼はひとり太陽を目にして何を感じたのか。足かけ4年にわたるプロジェクトはどういう結末を迎えたのか。読む者も暗闇世界に引き込まれ、太陽を渇望するような不思議な体験ができるのは、ノンフィクション界のトップランナーである筆者だからこそのなせる業である。【目次】東京医科歯科大学附属病院分娩室最北の村風の巨瀑ポラリス神の発見闇迷路笑う月極夜の内院浮遊発光体との遭遇曙光極夜の延長戦太陽
続きはコチラ



極夜行無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


極夜行「公式」はコチラから



極夜行


>>>極夜行の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)極夜行の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は極夜行を取り揃えています。極夜行BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると極夜行は1500円で購入することができて、極夜行を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで極夜行を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)極夜行を勧める理由


わざわざ無料漫画を提供することで、サイト訪問者を増やし売上増加へと繋げるのが販売会社サイドのメリットですが、もちろんユーザー側にとっても試し読みできるので、購入の判断がしやすくなります。
読み放題というシステムは、電子書籍業界でしか実現不可能な正に画期的とも言えるトライアルです。ユーザーにとっても出版社サイドにとっても、魅力が多いということで注目されています。
老眼のせいで、近いところが見えにくくなってしまったという読書家の高齢者にとって、スマホ上で電子書籍を閲覧することができるようになったというのは、物凄く意味のあることなのです。フォントの大きさを自分に合わせられるからです。
一昔前に沢山読んだ懐かしさを感じる漫画も、BookLive「極夜行」として購入できます。店頭では取り扱っていない作品も揃っているのが良いところとなっています。
コミックサイトも非常にたくさんあるので、比較して使いやすそうなものをセレクトすることが不可欠です。そうする為にも、差し当たりそれぞれのサイトのセールスポイントを掴むことから始めましょう。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






極夜行の情報概要

                         
作品名 極夜行
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
極夜行ジャンル 本・雑誌・コミック
極夜行詳細 極夜行(コチラクリック)
極夜行価格(税込) 1500円
獲得Tポイント 極夜行(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ