BookLive「ブックライブ」の日本文化私観無料試し読みコーナー


「堕落論」と並び称される坂口安吾によるエッセイ。「僕は日本の古代文化についてほとんど知識を持っていない。ブルーノ・タウトが絶賛する桂離宮も見たことがなく、玉泉も大雅堂も竹田も鉄斎も知らないのである」と始まるこのエッセイは、太平洋戦争の真っ只中でナショナリズムや当時掲げられていた日本文化の伝統を重んじる風潮が色濃く及んでいたなか発表された。「法隆寺も平等院も焼けてしまって一向に困らぬ。必要ならば、法隆寺を取り壊して停車場をつくるがいい」の有名な一節など、時代を経ても色褪せない安吾独自のスリリングな日本文化批評が展開される。
続きはコチラ



日本文化私観無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


日本文化私観「公式」はコチラから



日本文化私観


>>>日本文化私観の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)日本文化私観の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は日本文化私観を取り揃えています。日本文化私観BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると日本文化私観は270円で購入することができて、日本文化私観を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで日本文化私観を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)日本文化私観を勧める理由


BookLive「日本文化私観」の販促戦略として、試し読みが可能というシステムは最高のアイデアだと感じます。いつでも大雑把なあらすじを確かめることができるので、ちょっとした時間を使って漫画を選択することができます。
ユーザーが著しく増加中なのが話題のコミックサイトです。少し前までは「漫画は本という形で買うもの」という人が主流でしたが、電子書籍の形で買って閲覧するという利用者が増えています。
スマホを使って電子書籍を購入すれば、バスでの移動中や仕事の合間の一服タイムなど、場所に関係なく読むことが可能なのです。立ち読みもできるシステムとなっていますから、ショップに行くなどという必要性がありません。
本代というのは、1冊1冊の購入代金で見れば高くはありませんが、たくさん買ってしまうと、毎月の利用料金は高くなってしまいます。読み放題でしたら月額料が決まっているので、支出を抑えることが可能です。
書店では見つけられないといった少し前の作品も、電子書籍なら購入できます。無料コミックのラインナップ中には、中高年世代が若い頃に何度も読んだ漫画もいっぱい見受けられます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






日本文化私観の情報概要

                         
作品名 日本文化私観
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
日本文化私観ジャンル 本・雑誌・コミック
日本文化私観詳細 日本文化私観(コチラクリック)
日本文化私観価格(税込) 270円
獲得Tポイント 日本文化私観(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ