BookLive「ブックライブ」の卒母のススメ(毎日新聞出版)無料試し読みコーナー


毎日新聞紙上で連載し、「卒母って必要?」「いつすべし?」といった意見や体験談、卒母後の夢などを募集し、2017年7月~9月に短期連載した「卒母のススメ」の書籍化。なかでも、いくら子供に手をかけても思い通りに育たなかったということを書いた「努力は実を結ばないと教えてくれた」はTwitterに掲載され、約30000リツイート、47000いいねを超える賛否両論を巻き起こした。その後、フジテレビ「ノンストップ!」の討論コーナー「ノンストップ!サミット」でも取り上げられ、大きな話題となった。同投稿も掲載される。現在、育児に追われて大変なお母さんにとっては、「この大変さはいつまでも続くものではない」と勇気を与え、育児が一段落してちょっと物足りなさを感じているお母さんには第二の人生を考えるきっかけになる、母親の新たな生き方指南本でもある。
続きはコチラ



卒母のススメ(毎日新聞出版)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


卒母のススメ(毎日新聞出版)「公式」はコチラから



卒母のススメ(毎日新聞出版)


>>>卒母のススメ(毎日新聞出版)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)卒母のススメ(毎日新聞出版)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は卒母のススメ(毎日新聞出版)を取り揃えています。卒母のススメ(毎日新聞出版)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると卒母のススメ(毎日新聞出版)は849円で購入することができて、卒母のススメ(毎日新聞出版)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで卒母のススメ(毎日新聞出版)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)卒母のススメ(毎日新聞出版)を勧める理由


店頭には置いていないといった少し前に流行った作品も、電子書籍なら買えます。無料コミックのラインナップ中には、中高年層が若い頃に楽しく読んでいた漫画なども見られます。
アニメが何より好きな方にしてみれば無料アニメ動画というのは斬新だと言えるコンテンツなのです。スマホさえ携帯していれば、好き勝手に視聴することができるわけです。
気軽に無料漫画が読めるという理由で、ユーザー数が増えるのは少し考えればわかることです。店舗とは違い、他人の視線を気にすることなく立ち読みができるというのは、電子書籍だけの長所だと言えるのではないでしょうか?
読了後に「想像よりも面白いと思えなかった」という時でも、買ってしまった漫画は返せないのです。けれども電子書籍なら先に試し読みをすることができるので、こうしたことを防ぐことができます。
日々最新作品が配信されるので、毎日読んだとしても全て読みつくすおそれがないというのがコミックサイトのセールスポイントです。書店ではもう扱われないちょっと前のタイトルも閲覧可能なのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






卒母のススメ(毎日新聞出版)の情報概要

                         
作品名 卒母のススメ(毎日新聞出版)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
卒母のススメ(毎日新聞出版)ジャンル 本・雑誌・コミック
卒母のススメ(毎日新聞出版)詳細 卒母のススメ(毎日新聞出版)(コチラクリック)
卒母のススメ(毎日新聞出版)価格(税込) 849円
獲得Tポイント 卒母のススメ(毎日新聞出版)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ