BookLive「ブックライブ」ののたり松太郎(22)無料試し読みコーナー


角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!▼第1話/軍師田中のマル秘作戦は…▼第2話/両雄、並び立たず▼第3話/頭の差▼第4話/また、勝っちゃった▼第5話/協会からの電話▼第6話/ついに千秋楽…▼第7話/しいたけ一年分▼第8話/因縁の対決▼第9話/軍配かえる!!▼第10話/えーっ、またー!?▼第11話/優勝賜盃!▼第12話/賞金の遣い途(つかいみち)  ●登場人物/坂口松太郎(伊勢駒部屋の力士。入幕後初の東京場所で快進撃を演じ、ただいま11連勝中)。田中清(幕内力士。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)。西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)。伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)  ●あらすじ/明日にひかえた12日目は、今場所11勝無敗同士の対・千代の國(ちよのくに)戦。これに勝てば、幕内優勝の可能性も。気合充分な松太郎は、軍師・田中に作戦をさずけられ、夜を徹して稽古に打ち込む(第1話)。▼松太郎と横綱・千代の國は、お互いに挑発しあい、対戦前から一触即発の状態に。気合の入った松太郎は、支度部屋のテッポウ(テッポウなどの練習用の太い柱)をへし折るほどの破壊力をみせる。優勝の行方を占う大事な一戦の結果はいかに?(第2話)  ●本巻のハイライト/対・松太郎戦には勝ったものの、その後、痛恨の一敗を喫した横綱・千代の國。そして、優勝決定戦を松太郎と争うことになる。一方、実力だけは横綱級とうたわれてきた松太郎。いま、注目の一戦が始まる!(第8話)。
続きはコチラ



のたり松太郎(22)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


のたり松太郎(22)「公式」はコチラから



のたり松太郎(22)


>>>のたり松太郎(22)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(22)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はのたり松太郎(22)を取り揃えています。のたり松太郎(22)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとのたり松太郎(22)は540円で購入することができて、のたり松太郎(22)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでのたり松太郎(22)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(22)を勧める理由


お店では軽く読むだけでも後ろめたいという内容の漫画でも、無料漫画サービスを採り入れている電子書籍でしたら、中身を確かめてから買うかどうかを決めることができるので、失敗がありません。
本屋では、売り物の漫画を立ち読みできないように、ビニールをかけるというのが普通だと言えます。BookLive「のたり松太郎(22)」なら試し読みができることになっているので、漫画の概略を把握してから買うことができます。
あえて無料漫画を閲覧できるようにすることで、集客数を引き上げ利益に結び付けるのが事業者にとってのメリットですが、もちろんユーザーも試し読みができるので、中身をある程度見極められます。
電子書籍も一般の本と同じで情報が商品なので、内容が今一つでも返品は不可能です。ですから内容を確かめるためにも、無料漫画を読むことが大事になります。
BookLive「のたり松太郎(22)」を広めるための戦略として、試し読みが可能というシステムは完璧なアイデアではないでしょうか。どんなときでもマンガの内容を読むことが可能なので、暇な時間を有効に使用して漫画を選定することができます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






のたり松太郎(22)の情報概要

                         
作品名 のたり松太郎(22)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
のたり松太郎(22)ジャンル 本・雑誌・コミック
のたり松太郎(22)詳細 のたり松太郎(22)(コチラクリック)
のたり松太郎(22)価格(税込) 540円
獲得Tポイント のたり松太郎(22)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ