BookLive「ブックライブ」ののたり松太郎(19)無料試し読みコーナー


角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!▼第1話/牙無し▼第2話/部屋頭▼第3話/豆腐のかど▼第4話/前頭12枚め▼第5話/母の誕生日▼第6話/リラックス▼第7話/気分転換▼第8話/ニコッ▼第9話/力くらべ▼第10話/インタビュー▼第11話/筆おろし・▼第12話/筆おろし・  ●登場人物/坂口松太郎(伊勢駒部屋の力士。田中の十両昇進に発奮、ついに本領発揮なるか!?)、田中清(ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に。長年の努力が実り、ついに十両昇進)、西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)、伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)  ●あらすじ/はやくも迎えた九州場所の14日目。田中はあぶなげなく8勝目を手に入れ、幕入りをうかがう立場となる。一方、10日目の試合で額にケガをした松太郎は、ケガをかばうあまり、いいところなく3連敗中。またしても7勝7敗で千秋楽を迎えることになる(第1話)。▼さすがの松太郎も「田中に先を越されるのでは」という危機感から、千秋楽での対戦相手のビデオ研究に余念がない。そして当日、田中はついに念願の入幕を決める。さて、次は松太郎の番だが……(第2話)。  ●本巻のハイライト/勝ち越しをかけた大事な一戦で、万全なかたちに持ち込みながらも、額から流れ出た血を見たとたん、へなへなと崩れ落ちる松太郎。意外な弱点を発見?(第2話)なお本巻では、田中に先を越されたものの、ようやく松太郎も入幕を果たし、伊勢駒部屋には二人の幕内力士が誕生することになる(第10話)。
続きはコチラ



のたり松太郎(19)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


のたり松太郎(19)「公式」はコチラから



のたり松太郎(19)


>>>のたり松太郎(19)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(19)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はのたり松太郎(19)を取り揃えています。のたり松太郎(19)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとのたり松太郎(19)は540円で購入することができて、のたり松太郎(19)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでのたり松太郎(19)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(19)を勧める理由


趣味が漫画だということを秘密裏にしておきたいと言う人が、昨今増えていると言われます。自室に漫画の隠し場所がないと言われる方でも、BookLive「のたり松太郎(19)」なら人に内緒のままで漫画を読むことが可能です。
書籍の購入費用は、1冊単位での価格で見れば安いと言えますが、たくさん買ってしまうと、月々の購入代金は高額になってしまいます。読み放題というプランなら月額料が決まっているので、書籍代を抑えることが可能です。
「通学時間に電車で漫画を読むなんて考えられない」という様な方でも、スマホそのものに漫画をダウンロードすれば、恥ずかしい思いをすることから解放されます。率直に言って、これがBookLive「のたり松太郎(19)」のイイところです。
電子書籍でしか漫画は買わないという人が着実に増えています。カバンなどに入れて持ち歩くことからも解放されますし、収納スペースも気にしなくて良いというのが大きな理由です。その上、無料コミックを活用すれば、試し読みも余裕です。
余計なものは持たないという考え方が世間に賛同されるようになった今日、本も印刷した実物として持つのを避けるために、BookLive「のたり松太郎(19)」を役立てて楽しむ人が多いようです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






のたり松太郎(19)の情報概要

                         
作品名 のたり松太郎(19)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
のたり松太郎(19)ジャンル 本・雑誌・コミック
のたり松太郎(19)詳細 のたり松太郎(19)(コチラクリック)
のたり松太郎(19)価格(税込) 540円
獲得Tポイント のたり松太郎(19)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ