BookLive「ブックライブ」ののたり松太郎(15)無料試し読みコーナー


角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!▼第1話/関取の初日▼第2話/にらみ合い▼第3話/初日・松乱戦▼第4話/黒の日▼第5話/じさまの発破(はっぱ)▼第6話/ゴリラ松▼第7話/ウンコ▼第8話/紙とエンペツ▼第9話/大一番を前に…▼第10話/大人と子供▼第11話/時間まえ▼第12話/軍配は…▼第13話/物言い ●登場人物/坂口松太郎(伊勢駒部屋の力士。ついに念願の十両へ昇進)、田中清(幕下力士。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)、西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)、伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)  ●あらすじ/念願の関取となり、めずらしく稽古に精を出す松太郎。そして年が明けての東京場所初日、化粧回しをつけての土俵入りも初体験し、松太郎はますますやる気に。対するベテラン・銀嶺山の研究も怠りはないが……(第1話)。▼現在は十両に甘んじているが、ベテラン・銀嶺山にも、松太郎には負けられない元幕内の意地がある。激しく火花を散らしてにらみ合う二人。だが、さすがの松太郎にもやや分が悪い相手のようで……(第2話)。  ●本巻のハイライト/さすがの松太郎も、手ごわい十両の力士たちを相手に苦戦気味。迎えた千秋楽は、7勝7敗と十両生き残りをかけた一戦となる。対する相手は、同じく7勝7敗と勝ち越しをかけたベテラン・大室山。負けたら引退、という決死の覚悟の大室山を相手に、松太郎はどんな相撲をみせるのか?(第11話)
続きはコチラ



のたり松太郎(15)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


のたり松太郎(15)「公式」はコチラから



のたり松太郎(15)


>>>のたり松太郎(15)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(15)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はのたり松太郎(15)を取り揃えています。のたり松太郎(15)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとのたり松太郎(15)は540円で購入することができて、のたり松太郎(15)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでのたり松太郎(15)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(15)を勧める理由


単行本は、書店で立ち読みして購入するか購入しないかの結論を下す人が大半です。しかし、今日ではBookLive「のたり松太郎(15)」にて最初の巻だけ読んで、その本について買う・買わないを決める方が増えているようです。
スマホを通して電子書籍を入手すれば、電車での移動中や一服時間など、ちょっとした時間に読めます。立ち読みもできるため、売り場に行くことは不要です。
漫画というのは、読み終わったのちに古本買取専門店などに売却しようとしても、買い取り金額は微々たるものですし、再び読みたくなったときに再購入が必要となってしまいます。無料コミックだったら、置き場所はいらないから片付けに悩むことがなくなります。
BookLive「のたり松太郎(15)」を楽しむなら、スマホが便利ではないでしょうか?重いパソコンは持ち歩けないし、タブレットもバスなど人混みの中で閲覧したというような場合には不適切だと考えられるからです。
普段使っているスマホに漫画を丸々ダウンロードすることにすれば、本棚に空きがあるかどうかについて心配する必要などないのです。善は急げということで、無料コミックから読んでみると便利さが分かるでしょう。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






のたり松太郎(15)の情報概要

                         
作品名 のたり松太郎(15)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
のたり松太郎(15)ジャンル 本・雑誌・コミック
のたり松太郎(15)詳細 のたり松太郎(15)(コチラクリック)
のたり松太郎(15)価格(税込) 540円
獲得Tポイント のたり松太郎(15)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ