BookLive「ブックライブ」ののたり松太郎(11)無料試し読みコーナー


角界きっての暴れ者、坂口松太郎が大暴れする痛快・大相撲コミック!▼第1話/一味違う飯の味▼第2話/ミミズの松太郎▼第3話/新弟子、阿久津五郎▼第4話/屁苦笑(へくしょう)▼第5話/不快な再開▼第6話/不良とワルと▼第7話/阿久津、はじめての国技館▼第8話/オツなチャンコ▼第9話/記念写真で完璧相撲▼第10話/幕の内▼第11話/松のプレッシャー▼第12話/黒、白、黒、白ときて…アレマ ●登場人物/坂口松太郎(伊勢駒部屋の幕下力士。現在、3場所負け越し中)、田中清(三段目。ふだんは寡黙だが、酒が入ると別人に)、西尾留次(松太郎とは腐れ縁の仲。伊勢駒部屋に居候している)、伊勢駒親方(元・幕内九枚目。心配性な親方)、阿久津五郎(伊勢駒部屋の新弟子、中学生。少年院にいたことがある)、島田先生(松太郎の中学時代の恩師)  ●あらすじ/松太郎も、やはり人の子。帰郷した際、母親の情に触れ、心を入れ替える決心をする。いつになく、稽古でも気合は充分。その、あまりの変わりように、部屋の仲間たちはとまどうばかり(第1話)。▼稽古に精を出したのも束の間、やはり松太郎はいつもの「のたり」に逆戻り。稽古をさぼっては、荒川土手で釣り糸をたれて毎日を過ごす。この性格は、死ななきゃ直らない!?(第2話)  ●本巻のハイライト/新キャラクター、阿久津が初登場(第3話)。さらに恩師・島田先生も登場し、旧交を温めるなど、松太郎の意外(?)な一面が描かれている(第9話)。
続きはコチラ



のたり松太郎(11)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


のたり松太郎(11)「公式」はコチラから



のたり松太郎(11)


>>>のたり松太郎(11)の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(11)の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はのたり松太郎(11)を取り揃えています。のたり松太郎(11)BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとのたり松太郎(11)は540円で購入することができて、のたり松太郎(11)を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでのたり松太郎(11)を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)のたり松太郎(11)を勧める理由


読み放題という形は、電子書籍業界からすれば真に革命的な挑戦です。買う方にとっても出版社や作家さんにとっても良い面が多いと考えられます。
比較したあとに、自分に最適のコミックサイトを選ぶ人が多いと聞いています。オンラインで漫画を楽しみたいなら、多種多様なサイトの中より自分に適合したものをセレクトすることがポイントです。
スマホを介して読む電子書籍は、有難いことに文字の大きさを自分好みに変えることができるので、老眼で見えづらい高年齢の人でもサクサク読めるという特性があるのです。
読んでみた後で「予想していたより全く面白くない内容だった」となっても、買ってしまった漫画は返品することなどできるはずがありません。ですが電子書籍ならあらかじめ試し読みすることが可能なので、こうしたことを防ぐことができるというわけです。
BookLive「のたり松太郎(11)」のサービスによっては、1巻全てのページを無料で試し読みができるというところも存在しているのです。まず1巻を読んで、「面白いと感じたら、2巻以降の巻を有料にて入手してください」という販売システムです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






のたり松太郎(11)の情報概要

                         
作品名 のたり松太郎(11)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
のたり松太郎(11)ジャンル 本・雑誌・コミック
のたり松太郎(11)詳細 のたり松太郎(11)(コチラクリック)
のたり松太郎(11)価格(税込) 540円
獲得Tポイント のたり松太郎(11)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ