BookLive「ブックライブ」の慟哭の海峡無料試し読みコーナー


2013年10月、2人の老人が死んだ。1人は大正8年生まれの94歳、もう1人はふたつ下の92歳だった。2人は互いに会ったこともなければ、お互いを意識したこともない。まったく別々の人生を歩み、まったく知らないままに同じ時期に亡くなった。太平洋戦争(大東亜戦争)時、“輸送船の墓場”と称され、10万を超える日本兵が犠牲になったとされる「バシー海峡」。2人に共通するのは、この台湾とフィリピンの間にあるバシー海峡に「強い思いを持っていたこと」だけである。1人は、バシー海峡で弟を喪ったアンパンマンの作者・やなせたかし。もう1人は、炎熱のバシー海峡を12日間も漂流して、奇跡の生還を遂げた中嶋秀次である。やなせは心の奥底に哀しみと寂しさを抱えながら、晩年に「アンパンマン」という、子供たちに勇気と希望を与え続けるヒーローを生み出した。一方、中嶋は死んだ戦友の鎮魂のために戦後の人生を捧げ、長い歳月の末に、バシー海峡が見渡せる丘に「潮音寺」という寺院を建立する。膨大な数の若者が戦争の最前線に立ち、そして死んでいった。2人が生きた若き日々は、「生きること」自体を拒まれ、多くの同世代の人間が無念の思いを呑み込んで死んでいった時代だった。異国の土となり、蒼い海原の底に沈んでいった大正生まれの男たちは、実に200万人にものぼる。隣り合わせの「生」と「死」の狭間で揺れ、最後まで自己犠牲を貫いた若者たち。「アンパンマン」に込められた想いと、彼らが「生きた時代」とはどのようなものだったのか。“世紀のヒーロー”アンパンマンとは、いったい「誰」なのですか――? 今、明かされる、「慟哭の海峡」をめぐる真実の物語。
続きはコチラ



慟哭の海峡無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


慟哭の海峡「公式」はコチラから



慟哭の海峡


>>>慟哭の海峡の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)慟哭の海峡の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は慟哭の海峡を取り揃えています。慟哭の海峡BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると慟哭の海峡は950円で購入することができて、慟哭の海峡を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで慟哭の海峡を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)慟哭の海峡を勧める理由


漫画雑誌と言えば、「10代向けに作られたもの」というイメージを抱いでいるのではないでしょうか?だけれど近頃のBookLive「慟哭の海峡」には、サラリーマン世代が「10代の頃を思い出す」と思ってもらえるような作品も多く含まれます。
BookLive「慟哭の海峡」を読みたいなら、スマホが重宝します。パソコンはかさばるので持ち歩くことができませんし、タブレットも電車の中などで閲覧するような場合には不適切だと想定されます。
「どのサイトを介して本を買い求めるか?」というのは、非常に重要なポイントだと言えます。購入代金とか利用の仕方などがそれぞれ違うので、電子書籍というのは比較して決めないといけません。
電子書籍を購入するというのは、電子情報を入手するということを意味します。サービスの提供が終了してしまいますと利用できなくなってしまいますから、入念に比較してから安心して利用できるサイトを見極めましょう。
「定期的に発刊されている連載漫画を読むことが好きだ」とおっしゃる方には全く必要性が感じられないサービスです。だけども単行本出版まで待って買い求める方々からすると、先に無料漫画にて大筋をチェックできるのは、本当に有益なことだと思います。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






慟哭の海峡の情報概要

                         
作品名 慟哭の海峡
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
慟哭の海峡ジャンル 本・雑誌・コミック
慟哭の海峡詳細 慟哭の海峡(コチラクリック)
慟哭の海峡価格(税込) 950円
獲得Tポイント 慟哭の海峡(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ