BookLive「ブックライブ」の山の音無料試し読みコーナー


会社社長の尾形信吾は、「山の音」を聞いて以来、死への恐怖に憑りつかれていた――。日本の家の閉塞感と老人の老い、そして死への恐怖を描く。戦後文学の最高峰に位する名作。(C)KAMAWANU CO.,LTD.All Rights Reserved※本作品は電子書籍化にあたり、紙本に含まれていた次の要素を削除しております。〈解説「川端康成──人と文学 長谷川 泉」「作品解説 瀬沼 茂樹」〉
続きはコチラ



山の音無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


山の音「公式」はコチラから



山の音


>>>山の音の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)山の音の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は山の音を取り揃えています。山の音BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると山の音は734円で購入することができて、山の音を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで山の音を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)山の音を勧める理由


昔は単行本を購読していたという方も、電子書籍を利用し出した途端、その利便性に驚かされるということがほとんどです。コミックサイトも1つや2つではありませんから、絶対に比較してから選ぶことが大切です。
趣味が漫画だということを内緒にしておきたいと言う人が、ここ数年増加しているらしいです。自室に漫画は置いておくことができないというような方でも、BookLive「山の音」経由なら誰にも悟られずに漫画を満喫できます。
CDを試し聞きしてから購入するように、コミックも試し読みしてから買うのが主流になってきたと言って間違いありません。無料コミックを活用して、読みたかったコミックを探し出してみませんか?
月額利用料が一定のサイト、登録しなくても利用できるサイト、1冊毎購読するサイト、タダのコミックが多くあるサイトなど、コミックサイトもそれぞれ違う部分が見られますから、比較した方が良いでしょう。
漫画を買い求めるより先に、BookLive「山の音」のサイトで少し試し読みしてみるというのが良いでしょう。大まかなあらすじや登場する人物の全体的な雰囲気を、支払前に見ておくことができます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






山の音の情報概要

                         
作品名 山の音
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
山の音ジャンル 本・雑誌・コミック
山の音詳細 山の音(コチラクリック)
山の音価格(税込) 734円
獲得Tポイント 山の音(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ