BookLive「ブックライブ」の超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!無料試し読みコーナー


スチームタービン二基、ガスタービン二基の複合推進により、戦艦大和と武蔵は最高速度三四ノットの高速戦艦となった。昭和一六年、日米英は開戦の危機に瀕するが、新戦艦大和の公開という山本五十六のブラフでアメリカは開戦を忌避した。昭和一九年一月、野村吉三郎駐米大使がホワイトハウスを訪ね、対米英への宣戦布告を告げる…。マレー沖海戦に続き、マーシャル沖で連合艦隊が戦艦六隻と空母六隻、米太平洋艦隊が戦艦七隻と空母七隻という大艦隊が激突。結果は、連合艦隊が米空母部隊を壊滅させるが、敵戦艦は無傷だった。山本はこれ以上の追撃は無謀と判断し、大海戦は終結した。反撃態勢を整えた米軍が新たなる作戦を開始、遂に日米の総力戦が迫る。●青山智樹(あおやま・ともき)1960年、東京都武蔵野市生まれ。学生の頃より同人誌『宇宙塵』に参加。東海大学理学部物理学科卒業後、高等学校に理科教師として勤務。1992年、長編SF『赤き戦火の惑星』(勁文社)で商業デビュー。『合体戦艦「富士山」出撃!』(有楽出版社)、『蒼穹の海鷲』(アスキー)等、シミュレーション戦記を中心に執筆する。その他にも『零戦の操縦』(アスペクト)、『自分でつくるうまい!海軍めし』(経済界)、『世界一わかりやすい放射能の本当の話』(宝島社)等、ミリタリー関連書籍など著書・共著多数。
続きはコチラ



超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!「公式」はコチラから



超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!


>>>超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!を取り揃えています。超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!は486円で購入することができて、超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!を勧める理由


利用料が月額固定のサイト、登録不要のサイト、1巻ずつ購入するサイト、タダで読めるタイトルが充実しているサイトなど、コミックサイトもあれこれと違いが見受けられますので、比較することをおすすめします。
ミニマリストというスタンスが少しずつに賛同されるようになった昨今、本も書物として携帯せず、BookLive「超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!」越しに耽読する人が増加しつつあります。
数年前の漫画など、お店では発注しなければ入手困難な本も、BookLive「超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!」形態で多く並んでいるため、スマホが1台あれば購入して読めます。
コミックの売れ行き低迷が嘆かれる中、電子書籍は今までとは異なるシステムを展開することで、新規利用者を増加させているのです。今までは絶対になかった読み放題という利用の仕方がそれを成し得たのです。
書店には置かれないであろうちょっと前に発売された漫画も、電子書籍では売られています。無料コミックのラインナップ中には、40代50代が幼い頃にエンジョイした漫画が含まれていることもあります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!の情報概要

                         
作品名 超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!ジャンル 本・雑誌・コミック
超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!詳細 超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!(コチラクリック)
超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!価格(税込) 486円
獲得Tポイント 超戦艦艦隊(2) 史上最大の海戦!(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ