BookLive「ブックライブ」の幻獣の國物語 【第12巻】無料試し読みコーナー


幻獣たちが住み、不思議な魔力がみなぎる「幻獣の國」は、アトレイデス国王のボマレア王国、統利帝の可陀、女皇を戴く秋津国などの王国で構成されている。夏芽は沿岸のフィローン国の姫だが地球で生まれ育った。幻獣の國と地球との扉は12年に一度開く。夏芽は両親の故郷である幻獣の國を訪れたが、突如戦争がおこり、地球へ戻れなくなってしまった。秋津国の皇子の導きで、秋津国に着くが、双子の秋津国皇子と第3の皇子との戦いに巻き込まれ、激しい戦いの過程で聖獣の子犬「高麗」と出会い、皇子たちとも特別な絆で結ばれる。また夏芽は計り知れない力が自分にあることを自覚したのであった。そんな時、世界戦争を回避するために各国の王族は秋津国首都・蒼天に集まるが、統利帝が糸を引くクーデターにより、双子の皇子、王族たちは捕えられてしまう。夏芽たちは瀕死の双子の皇子を救出、さらに王族たちを救おうとするが、強力な水霊使い・籬との戦いで絶体絶命に! しかし突如夏芽は異様な姿に変身し、驚異的なパワーを炸裂させる。その隙にボマレア国が開発した飛行機で、王族たちは脱出するが夏芽は戦いの地に残ることを決意したのであった。瀕死の皇子を助けるためには「整備水槽」を見つけねばならない。夏芽たちはその場所を知るという女皇を探すうちに、統利帝に捕えられ、統利帝に仕えるという条件で、女皇の元に行くが、彼女もその場所がわからず歴代女皇の元に向かう。そこで、歴代女皇により女皇の過去の秘密、双子の皇子の出生の秘密が暴かれてしまうのであった。
続きはコチラ



幻獣の國物語 【第12巻】無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


幻獣の國物語 【第12巻】「公式」はコチラから



幻獣の國物語 【第12巻】


>>>幻獣の國物語 【第12巻】の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)幻獣の國物語 【第12巻】の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は幻獣の國物語 【第12巻】を取り揃えています。幻獣の國物語 【第12巻】BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると幻獣の國物語 【第12巻】は540円で購入することができて、幻獣の國物語 【第12巻】を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで幻獣の國物語 【第12巻】を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)幻獣の國物語 【第12巻】を勧める理由


大体の本屋では、陳列している漫画の立ち読みを抑止するために、ヒモでしばるのが通例です。BookLive「幻獣の國物語 【第12巻】」の場合は試し読みができますから、ストーリーを理解してから購入ができます。
無料漫画と言いますのは、書店での立ち読みと同じ様なものだと捉えることができます。楽しめるかどうかをおおよそ確認してから入手できるので、利用者も安心できるはずです。
老眼が進んだために、近くの文字が見えなくなってきたという読書家の中高年の方にとって、スマホ上で電子書籍を閲覧することができるようになったというのは画期的なのです。フォントサイズを自分に合わせられるからです。
売り場では、スペースの問題から並べることができる書籍数に制限がありますが、BookLive「幻獣の國物語 【第12巻】」という形態であればこういった制限が必要ないので、マニア向けの単行本も扱えるのです。
購入について迷っている作品がありましたら、BookLive「幻獣の國物語 【第12巻】」のサイトで無償利用できる試し読みを利用してみるのがおすすめです。ちょっと読んでつまらないと思ったら、決済しなければ良いだけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






幻獣の國物語 【第12巻】の情報概要

                         
作品名 幻獣の國物語 【第12巻】
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
幻獣の國物語 【第12巻】ジャンル 本・雑誌・コミック
幻獣の國物語 【第12巻】詳細 幻獣の國物語 【第12巻】(コチラクリック)
幻獣の國物語 【第12巻】価格(税込) 540円
獲得Tポイント 幻獣の國物語 【第12巻】(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ