BookLive「ブックライブ」の幻獣の國物語 【第6巻】無料試し読みコーナー


「幻獣の國」のフィローン国姫の地位にある夏芽は、地球で生まれ育ち、高校に通っていた。両親の故郷である憧れの地「幻獣の國」を訪れ、楽しく旅を続けているときに戦争に巻き込まれて、12年に一度しか開かない地球への扉が閉ざされてしまったのだった。自力で地球へ帰ると決意した夏芽は、秋津国「第3の皇子」の導きに従い、フィローン国竜騎兵のタイトとストリクス、「契約猫」ラーオとともに秋津国に到着した。しかし双子の秋津国皇子は夏芽をさらい、犯し、殺そうとする。辛うじて地底の抜け穴に逃げ込むが、そこで守護聖獣「燧石」に出合い、死に瀕した彼の子守護成獣「高麗」を助ける。夏芽はその「導き手」として、「戴印」を額に押され、秋津国の貴族だけの居館「葵の館」に導かれることになった。そこで夏芽は「葵の館」で夢に現れた「第3の皇子」と出会い、天領内に「地球への扉」があることを教えられ、地球への思いが激しく募り、心が震えたのだった。館に留まる夏芽は、ある夜の夢で、高麗の母,辰沙から、夏芽の隠れた才能、夏芽の宿命的な地位について教えられる。その避けがたい厳しい立場に悩む夏芽に、辰砂は思いがけぬ提案をするが……!?一方、忠臣筐は、双子皇子を死から救うため、自らの死をも覚悟の上、秘術を使い「冥」へ向かう。この秘術は双子皇子と筐が、今までの人生を再体験し、「共感」することで成功する。ここで双子皇子たちの悲痛な半生が語られる。彼らはなぜこれほどまでに残酷で、酷薄なのか…!? 過去に何があったのか!?人々の重い過去と宿命が、悲しく、美しく心を揺さぶる…圧倒的なスぺクタルSFファンタジー傑作第6巻!
続きはコチラ



幻獣の國物語 【第6巻】無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


幻獣の國物語 【第6巻】「公式」はコチラから



幻獣の國物語 【第6巻】


>>>幻獣の國物語 【第6巻】の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)幻獣の國物語 【第6巻】の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は幻獣の國物語 【第6巻】を取り揃えています。幻獣の國物語 【第6巻】BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると幻獣の國物語 【第6巻】は540円で購入することができて、幻獣の國物語 【第6巻】を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで幻獣の國物語 【第6巻】を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)幻獣の國物語 【第6巻】を勧める理由


漫画をはじめとした書籍の代金は、1冊ずつの代金で見れば安いですが、たくさん購入してしまうと、月単位の利用料金は高くなってしまいます。読み放題を利用すれば定額になるので、支出を節減できます。
読み放題という仕組みは、電子書籍業界にとりましては全くもって斬新な挑戦なのです。利用者にとっても出版社や作家さんにとっても利点が多いと高く評価されています。
よくコミックを読む人なら、コミックサイトが一押しです。買うのも楽々ですし、新たに出版されるコミックを購入したいということで、その度にお店に行って事前予約するなんてことも不要になります。
「小さなスマホの画面では読みづらくないのか?」という様に不安視する人がいるのも知っていますが、そんな人もBookLive「幻獣の國物語 【第6巻】」を買ってスマホで閲覧すると、その使いやすさに驚愕するはずです。
スマホで見れるBookLive「幻獣の國物語 【第6巻】」は、外に出るときの荷物を少なくするのに一役買ってくれます。バッグやリュックの中に読みたい本を入れて持ち運ぶなどしなくても、好きな時にコミックを読むことができるようになるのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






幻獣の國物語 【第6巻】の情報概要

                         
作品名 幻獣の國物語 【第6巻】
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
幻獣の國物語 【第6巻】ジャンル 本・雑誌・コミック
幻獣の國物語 【第6巻】詳細 幻獣の國物語 【第6巻】(コチラクリック)
幻獣の國物語 【第6巻】価格(税込) 540円
獲得Tポイント 幻獣の國物語 【第6巻】(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ