BookLive「ブックライブ」の幻獣の國物語 【第4巻】無料試し読みコーナー


「幻獣の國」から地球へ帰る道を自力で探そうと決意した夏芽は、夢に現れた秋津国「第3の皇子」の導きに従い、強い絆で結ばれたフィローン国竜騎兵のタイトとストリクス、「契約猫」ラーオと共に秋津国に到着した。しかし双子の秋津国皇子の手にかかり、ラーオは「水の檻」に閉じ込められ、夏芽は皇子たちから必死で逃げ回るうちに「聖墓所」入り込み消えてしまう。夏芽たちを救いに向かったタイトとストリクスは、「お館様の命」を伝えに来た秋津国皇室親衛隊を率いる犬甘筐に捕えられてしまう。「お館様の命」は、戦争の危機が迫っているため、双子皇子は「蒼天」へ上ってほしいとのこと。しかし皇子たちはこれを聞き入れず、秋津国騎士たちと戦わせてタイトとストリクトを「面白く」殺すゲームを始めたのであった。聖墓所から地の底に落ち絶望していた夏芽は、ラーオから「王族」であることの自覚を持てば救われると告げられる。地底から現れた巨大なコマ犬の幻獣、芙蓉城の守護者「燧石」に出合い、彼に導かれた夏芽は「命の珠」を託され、死に瀕した一族の最後の望みとして、自分の子犬にその珠を翳すように告げられる。一方、殺人ゲームを戦うタイトとストリクスは、次々に襲い掛かる秋津の戦士たちを退けるが、罠にはまり危地に陥る。その時、檻から抜け出た「契約猫」ラーオが出現、驚異的な霊力を発揮する。ラーオはさらに双子の皇子にも戦いを挑み、ついに2人を倒すが、倒れた皇子たちの体の上から「第3の皇子」が出現したのだった!美しいまでに恐ろしい幻獣たちの息をつかせぬ迫力の格闘シーン……圧倒的なスぺクタルSFファンタジー傑作第4巻!
続きはコチラ



幻獣の國物語 【第4巻】無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


幻獣の國物語 【第4巻】「公式」はコチラから



幻獣の國物語 【第4巻】


>>>幻獣の國物語 【第4巻】の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)幻獣の國物語 【第4巻】の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は幻獣の國物語 【第4巻】を取り揃えています。幻獣の國物語 【第4巻】BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると幻獣の國物語 【第4巻】は540円で購入することができて、幻獣の國物語 【第4巻】を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで幻獣の國物語 【第4巻】を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)幻獣の國物語 【第4巻】を勧める理由


スマホやノートブックの中に読みたい漫画を全部収めれば、本棚に空きがあるかどうかを気に掛ける必要などないのです。とりあえずは無料コミックからチャレンジしてみることを推奨します。
本を買う代金は、1冊単位の値段で見ればそれほど高額ではありませんが、たくさん購入してしまうと、月々の料金は嵩んでしまいます。読み放題を活用すれば料金が固定なので、支払を節減できるというわけです。
このところ、電子書籍業界では今までになかった「読み放題」というプランが登場し人気を博しています。1冊ごとにいくらというのではなく、各月いくらという徴収方法を採っているのです。
ミニマリストというスタンスが世の中の人に認知されるようになった最近では、本も印刷した実物として持つのを避けるために、BookLive「幻獣の國物語 【第4巻】」を活用して読破する人が多いようです。
漫画と言えば、「少年少女向けに描かれたもの」というイメージを持っているのではないでしょうか?でもここ最近のBookLive「幻獣の國物語 【第4巻】」には、中高年層の人が「子供の頃を思い出す」と言うような作品もどっさりあります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






幻獣の國物語 【第4巻】の情報概要

                         
作品名 幻獣の國物語 【第4巻】
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
幻獣の國物語 【第4巻】ジャンル 本・雑誌・コミック
幻獣の國物語 【第4巻】詳細 幻獣の國物語 【第4巻】(コチラクリック)
幻獣の國物語 【第4巻】価格(税込) 540円
獲得Tポイント 幻獣の國物語 【第4巻】(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ