BookLive「ブックライブ」の木島日記無料試し読みコーナー


昭和初期――オカルト、猟奇事件、ナショナリズムが吹き荒れる東京。民俗学者の折口信夫は古書店「八坂堂」に迷い込み、その棚にあるはずのない、未だ構想中の自分の小説『死者の書』を見つける。「何が書いてあるか読んでごらんなさい」奇怪な仮面を被った店の主人、木島平八郎に促され、その奇妙な書の頁をめくった時から、折口のまわりで奇怪な出来事が起こり始める……。「あってはならない物語」へ誘う傑作文豪怪奇ミステリ!書き下ろしの〈自著解題〉を付す改訂新装版で復活。【目次】第一話 死者の書第二話 妣が国・常世へ第三話 古代研究第四話 水の女第五話 若水の話〈自著解題〉物語を供養する
続きはコチラ



木島日記無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


木島日記「公式」はコチラから



木島日記


>>>木島日記の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)木島日記の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は木島日記を取り揃えています。木島日記BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると木島日記は950円で購入することができて、木島日記を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで木島日記を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)木島日記を勧める理由


ショップでは、棚の面積の関係で並べることができる書籍数に制限が発生しますが、BookLive「木島日記」の場合はそういう制限が発生せず、少し古い漫画も多々あるというわけです。
「電車に乗っている時に漫画を読むのはためらってしまう」という人でも、スマホそのものに漫画を入れておけば、人目を考慮する必要が皆無になります。まさに、これがBookLive「木島日記」の特長です。
常日頃から沢山漫画を購入すると言われる方からすれば、固定の月額料金を支払うだけでいくらでも読み放題という形で閲覧できるというサービスシステムは、まさに革命的と言っても過言じゃないでしょう。
BookLive「木島日記」のサイトで違いますが、1巻全てのページを無料で試し読みができるというところも若干あります。1巻を読んでみて、「これは面白いと感じたら、続巻をお金を払ってダウンロードしてください」というサービスです。
「本棚が漫画で溢れている状態で置き場所が確保できないから、購入するのをためらってしまう」という事態に陥らないのが、BookLive「木島日記」の特長の1つです。山のように買い入れても、片づける場所を考えることはありません。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






木島日記の情報概要

                         
作品名 木島日記
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
木島日記ジャンル 本・雑誌・コミック
木島日記詳細 木島日記(コチラクリック)
木島日記価格(税込) 950円
獲得Tポイント 木島日記(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ