BookLive「ブックライブ」の宅配クライシス無料試し読みコーナー


2017年春。ヤマトが宅急便の総量抑制を決め、続いて27年ぶりの値上げを発表した。日本の物流を支える「動脈」として機能していたヤマトに、何が起こったのか。本書はその真相に迫るルポである。「小倉イズム」に基づいて常に顧客第一を訴えてきたヤマトの「変心」は、多くの人々を驚かせた。背景には多くの日本企業が抱える過剰サービスへの呪縛がある。何を、どこまで消費者に提供するのか。「働き方改革」「人手不足」のなかで、優先すべきは何なのか。実際に過剰サービスからの転換を訴えたとき、顧客企業や現場にどんな混乱が起こるのか。そして、本当に「危機」は去ったのか。本書で描かれている混乱は、物流・小売り関係者のみならず、サービス業に携わる多くの人々にとって参考になるはずだ。ヤマトを中心に、佐川、日本郵便などの物流業者、アマゾン、楽天、ヤフーをはじめとするネットサービス業者など、幅広い取材をもとに、危機の実像と未来像を描き出す。
続きはコチラ



宅配クライシス無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


宅配クライシス「公式」はコチラから



宅配クライシス


>>>宅配クライシスの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)宅配クライシスの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は宅配クライシスを取り揃えています。宅配クライシスBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると宅配クライシスは1620円で購入することができて、宅配クライシスを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで宅配クライシスを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)宅配クライシスを勧める理由


常に持ち歩くスマホに読みたい漫画を全部ダウンロードすることにすれば、片付ける場所を危惧する必要は無くなります。一回無料コミックからスタートしてみると良さが理解できるでしょう。
読むかどうか迷っている作品がある場合には、BookLive「宅配クライシス」のサイトで無償利用できる試し読みを活用すると後で後悔することもなくなるでしょう。チョイ読みしてつまらないようであれば、買わなければ良いという話です。
漫画というのは、読了後にブックオフといった古本買取専門店に買ってもらおうとしても、金額は殆ど期待できませんし、再び読みたくなったときに再購入が必要となってしまいます。無料コミックを利用すれば、収納スペースが必要ないので片付けに苦労することがないのです。
入手してから「想定よりも面白さが伝わらなかった」ってことになっても、本は返せないのです。だけども電子書籍ならまず試し読みから入れるので、そうした事態をなくすことができるというわけです。
あえて無料漫画をサービスすることで、ユーザーを増やし利益に結び付けるのが事業者側の目的というふうに考えられますが、反対にユーザー側も試し読みができるので、良い判断材料になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






宅配クライシスの情報概要

                         
作品名 宅配クライシス
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
宅配クライシスジャンル 本・雑誌・コミック
宅配クライシス詳細 宅配クライシス(コチラクリック)
宅配クライシス価格(税込) 1620円
獲得Tポイント 宅配クライシス(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ