BookLive「ブックライブ」のExcelで学ぶ生命保険 商品設計の数学無料試し読みコーナー


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。生命保険の計算の仕組みがExcelで理解できる!! 契約者の金銭の授受に直接的に関わる保険料や解約返戻金はどのように決定されるのかについて、数式のみならず、Excel上の計算式と計算結果を確認することで、計算の流れを深く理解できます。 Excelでの計算例を軸とした内容とし、「計算基数」による効率的な計算の方法を紹介します。さらに医療保険、変額年金保険、学資保険、保険料払込免除特約、低解約返戻金型、市場価格調整型については、昨今の市場規模や話題性を踏まえ、それぞれ説明と計算例を解説していきます。詳細目次はじめに第1章 生命保険と生命保険数学の基礎1.1 保険とその種類1.2 生命保険に関する用語1.3 代表的な生命保険商品1.4 生命保険数学とその役割1.5 1 年定期保険の保険料の計算例1.6 大数の法則1.7 収支相等の原則1.8 計算基礎率.第2章 死亡率と生命関数2.1 死亡率と予定死亡率2.2 生命関数2.3 計算基数2.4 満年齢と保険年齢第3章 金利と現価3.1 金利と予定利率3.2 現価率3.3 生命保険数学における年金の種類3.4 確定年金の現価3.5 生命年金の現価第4章 基本的な商品の純保険料4.1 営業保険料と純保険料4.2 保険料の一般的な計算手順4.3 契約者側へ払われるお金と保険料の関係4.4 保険料建てと保険金建て4.5 定期保険の純保険料4.6 生存保険の純保険料4.7 養老保険の純保険料4.8 終身保険の純保険料4.9 医療保険の純保険料第5章 より複雑な商品の純保険料5.1 保険金額が増減する死亡保険の一時払純保険料5.2 逓増定期保険および逓減定期保険の純保険料5.3 収入保障保険の純保険料5.4 定額個人年金保険の純保険料と年金原資と年金額5.5 がん保険の純保険料5.6 特定疾病保障保険の純保険料5.7 保険料払込免除特則を付加した場合の純保険料5.8 低(無)解約返戻金特則を付加した場合の純保険料.第6章 営業保険料6.1 生命保険会社の事業費と予定事業費6.2 定期保険の営業保険料6.3 養老保険の営業保険料6.4 終身保険の営業保険料6.5 医療保険の営業保険料6.6 定額個人年金保険の営業保険料と年金原資と年金額第7章 保険料積立金と解約返戻金7.1 保険料積立金の意味と計算方法7.2 解約返戻金の意味と計算方法7.3 養老保険の保険料積立金と解約返戻金7.4 終身保険の保険料積立金と解約返戻金7.5 定期保険の保険料積立金と解約返戻金7.6 医療保険の保険料積立金と解約返戻金7.7 解約返戻金における市場価格調整の計算方法7.8 定額個人年金保険の保険料積立金と解約返戻金おわりに付録A.1 平成27年簡易生命表A.2 生保標準生命表2018(死亡保険用)A.3 本書で用いる入院発生率などA.4 本書で用いる主な記号参考文献
続きはコチラ



Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学「公式」はコチラから



Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学


>>>Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はExcelで学ぶ生命保険 商品設計の数学を取り揃えています。Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとExcelで学ぶ生命保険 商品設計の数学は4104円で購入することができて、Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでExcelで学ぶ生命保険 商品設計の数学を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学を勧める理由


まず試し読みをして自分が好きな漫画なのかをある程度理解してから、不安感を抱くことなく購入し読めるのがネット漫画の良いところです。買う前に内容を把握できるので失敗などしません。
「アニメについては、テレビ番組になっているものを見ているだけ」というのは一昔前の話であると言えます。そのわけはと言うと、無料アニメ動画をネット経由で見るという形が一般化しつつあるからです。
コミックサイトの最大の特長は、品揃えが書店とは比べ物にならないということだと考えられます。在庫を抱えるリスクがないので、多岐に亘る商品を取り扱うことができるわけです。
1台のスマホで、気の向くままに漫画を閲覧することが可能なのが、コミックサイトの最大のポイントです。1冊毎に購入するスタイルのサイトや月額固定性のサイトなどに分類できます。
アニメが何より好きな人にとっては、無料アニメ動画と申しますのは斬新なサービスです。スマホさえ所有していれば、都合に合わせて楽しむことが可能なのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学の情報概要

                         
作品名 Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学ジャンル 本・雑誌・コミック
Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学詳細 Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学(コチラクリック)
Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学価格(税込) 4104円
獲得Tポイント Excelで学ぶ生命保険 商品設計の数学(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ