BookLive「ブックライブ」の侵略する豚無料試し読みコーナー


ある日、太平洋を越えて種豚がやってきた。本書は食をめぐる本格ノンフィクションであり、同時に日米の貿易問題を理解する解説書です。「侵略する豚」は、小学館のWEBマガジン「ブックピープル」で57回にわたり連載されました。その間誕生したトランプ政権はTPP離脱を決め、それに代わる日米交渉はさらに厳しくなると予想されています。また、中国国家主席の習近平は米国との距離を縮め、著者の分析通りなら食料戦略で足並みをそろえようとしています。その米中の意図と日本が抱えるリスクを、著者は豚肉を題材に徹底取材しました。日本が豚肉の市場として米中の草刈り場になるのではないか、いやそれどころか食料自給率がどんどん下がり、日本は米中に胃袋をつかまれ身動きが取れなくなるのではないか―。取材を元に著者はそう警鐘を鳴らします。幕末の日本を皮切りに、アメリカへ中国へ。緻密な資料調査と丹念な取材で、時空をまたぐ物語となった本作品。1960年代、アメリカの種豚が援助の名の下に日本に送られたエピソードは圧巻です。
続きはコチラ



侵略する豚無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


侵略する豚「公式」はコチラから



侵略する豚


>>>侵略する豚の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)侵略する豚の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は侵略する豚を取り揃えています。侵略する豚BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると侵略する豚は1360円で購入することができて、侵略する豚を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで侵略する豚を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)侵略する豚を勧める理由


とてもたくさんの人が無料アニメ動画を楽しんでいるようです。ぼんやりしている時間とか通勤中の時間などに、楽々スマホで楽しむことができるというのは有り難いですね。
「電車に乗っている時に漫画本を広げるなんて絶対に無理」という人でも、スマホに直で漫画をダウンロードしておけば、人目を気にすることから解放されます。まさに、これがBookLive「侵略する豚」の人気の秘密です。
カバンを持たずに出かけたい男性陣にとって、スマホで無料電子書籍を満喫できるというのはすごく助かります。ある意味ポケット内に入れて本を持ち歩けるわけなのです。
評価が高まっている無料コミックは、タブレットなどで楽しむことが可能です。外出先、小休憩のとき、病院や歯医者などでの順番が来るまでの時間など、自分の好きなタイミングで簡単に読めます。
「どこのサイト経由で本を買うことにするか?」というのは、とても大事なことだと言えます。価格とかサービスなどが異なるのですから、電子書籍というのはあれこれ比較して判断しなければならないと思います。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






侵略する豚の情報概要

                         
作品名 侵略する豚
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
侵略する豚ジャンル 本・雑誌・コミック
侵略する豚詳細 侵略する豚(コチラクリック)
侵略する豚価格(税込) 1360円
獲得Tポイント 侵略する豚(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ