BookLive「ブックライブ」のもう一度、一緒にあの坂を無料試し読みコーナー


坂の名前は 往古その名を頼りに 人々が行き来し人と人とが出会い 通い会うための「ランドマーク」として共有され 時の流れの中に刻まれてきたそこでは多くの人達が笑い 喜び 楽しみ語り泣き 怒り 嘆き悲しみ そして時には血を流した……坂の上には坂の上の坂の下には坂の下のそれぞれの人生が営まれ 歴史が刻まれていった(本文より)「坂」に思いを寄せ、文学研究を続けた亡き永岡義久を偲び、文学探訪記が書籍化。文豪たちは「坂」に何を想い、作品に登場させたのか。その思いを永岡氏はどのように受け取ったのか。そしてあなたは「あの坂」で何を思うだろうか。本書を手に取り、文学散歩に出かけよう。
続きはコチラ



もう一度、一緒にあの坂を無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


もう一度、一緒にあの坂を「公式」はコチラから



もう一度、一緒にあの坂を


>>>もう一度、一緒にあの坂をの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)もう一度、一緒にあの坂をの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はもう一度、一緒にあの坂をを取り揃えています。もう一度、一緒にあの坂をBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするともう一度、一緒にあの坂をは1382円で購入することができて、もう一度、一緒にあの坂をを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでもう一度、一緒にあの坂をを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)もう一度、一緒にあの坂をを勧める理由


スマホを使って読む電子書籍は、一般的な書籍とは異なり文字の大きさを変更することができるため、老眼のせいで読書を敬遠してきた60代、70代の方でも読むことができるという特長があります。
このところ、電子書籍業界では画期的な「読み放題」というサービスが誕生し注目を集めています。1冊単位でいくらというのではなく、1カ月毎にいくらという料金方式になっています。
BookLive「もう一度、一緒にあの坂を」は常に携行しているスマホやタブレット型端末で読むことができて、非常に重宝します。最初だけ試し読みが可能なので、それ次第でそのコミックをDLするかの意思決定をする人もたくさんいるのだそうです。
老眼になったために、近くの文字が見えにくい状態になったという高齢の読書好きな方には、スマホ上で電子書籍を楽しめるというのは画期的なのです。フォントの大きさを自分に合わせられるからです。
あらすじが分からないまま、表紙を見ただけで買うかどうかを決めるのはリスクが大きいです。無料で試し読み可能なBookLive「もう一度、一緒にあの坂を」であったら、ある程度中身を吟味してから買い求められます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






もう一度、一緒にあの坂をの情報概要

                         
作品名 もう一度、一緒にあの坂を
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
もう一度、一緒にあの坂をジャンル 本・雑誌・コミック
もう一度、一緒にあの坂を詳細 もう一度、一緒にあの坂を(コチラクリック)
もう一度、一緒にあの坂を価格(税込) 1382円
獲得Tポイント もう一度、一緒にあの坂を(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ