BookLive「ブックライブ」の人を襲うクマ無料試し読みコーナー


福岡大学ワンダーフォーゲル部のヒグマ襲撃事故の検証を筆頭に、最近のクマとの遭遇被害の事例を追い、専門家による生態解説など含め、クマ遭遇被害の実態を詳細に明かす。1970年7月、日高のカムイエクウチカウシ山で登山をしていた福岡大学ワンダーフォーゲル部5人は、九ノ沢カールで幕営中、突然、ヒグマに襲われた。近くにいた他大学の山岳部員に救助を求めるが、クマの執拗な攻撃に遭い、結局3名が亡くなった。ザックを取りに戻らない、背中を見せて逃げてはいけない、等、幾つかの教訓を残し、当時大きな話題になった。本事故に関する報告書は残っているが、書籍化されないまま、50年近くもの間に事件そのものが風化してしまった。最近クマの出没が各地で相次ぎ、クマの襲撃による被害も頻発しているので、悲惨な本事故をしっかり検証しつつ、最近の事例、専門家による生態解説など、クマの脅威と遭遇被害の実態に迫った。<内容紹介>1章1970年7月日高・カムエク事故に関する詳しい検証。報告書を元に、1部員の遺書も掲載、この事故は何が原因なのか検証。2章登山者がクマと遭遇して起きた最近の事故を検証。2009年 北アルプス・乗鞍岳2014年 奥多摩・川苔山2015年 滋賀・高島トレイル2016年 鹿角市・山菜採り事故等、主に7件の登山者による遭遇事例を取り上げ、検証。3章専門家によるクマの生態について東京農業大学 山崎晃司氏が、最近のクマ遭遇事故の特徴、クマの生息域の拡大と事故とのつながり、ヒグマとツキノワグマの生態の違い、地球環境の変化とクマの生活圏の変容などについて解説。※ツキノワグマの写真家 澤井俊彦氏によるクマの活写。
続きはコチラ



人を襲うクマ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


人を襲うクマ「公式」はコチラから



人を襲うクマ


>>>人を襲うクマの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)人を襲うクマの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は人を襲うクマを取り揃えています。人を襲うクマBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると人を襲うクマは1382円で購入することができて、人を襲うクマを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで人を襲うクマを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)人を襲うクマを勧める理由


物語という別世界に熱中するのは、リフレッシュにとても役に立ってくれます。難解なストーリーよりも、分かりやすい無料アニメ動画などが良いでしょう。
読み終わったあとに「予想よりも面白さが伝わらなかった」となっても、単行本は交換してもらえません。ところが電子書籍なら試し読みをすることが可能ですので、そうした状況を予防することができます。
スマホで見れるBookLive「人を襲うクマ」は、どこかに行くときの荷物を軽くするのに役立つはずです。リュックやカバンの中などに読もうと思っている本を入れて持ち歩いたりしなくても、手間なくコミックを見ることができます。
購入前にあらすじを確認することが可能なら、読了後に悔やむということがほとんどありません。普通の書店での立ち読みと同じように、BookLive「人を襲うクマ」でも試し読みをすることによって、内容を把握できます。
電子書籍も本屋で売られている本と同じように情報が商品ということになるので、楽しめなくてもお金を返してもらうことはできません。従いまして面白そうかをチェックするためにも、無料漫画を閲覧する方が賢明です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






人を襲うクマの情報概要

                         
作品名 人を襲うクマ
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
人を襲うクマジャンル 本・雑誌・コミック
人を襲うクマ詳細 人を襲うクマ(コチラクリック)
人を襲うクマ価格(税込) 1382円
獲得Tポイント 人を襲うクマ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ