BookLive「ブックライブ」の今そこにあるバブル無料試し読みコーナー


「音楽が鳴り止まぬうちは、踊り続けろ」と米シティグループの最高経営責任者(CEO)だったチャック・プリンス氏は言った。 昨今出版界では「バブル回顧もの」企画が相次いでいるが、本書は「過去のバブル」ではなく「今起きつつあるバブル」を探る企画。日本経済は、「バブル期以来」「バブル期超え」を示す指標が相次いでいる。人手不足の目立つ雇用市場で、有効求人倍率は1.5倍を突破し、高度成長時代の1974年並みになった。一方で、政府・日銀は経済成長と物価上昇率2%を目指し、マネーをジャブジャブに供給し続ける姿勢を崩さない。この状況が続ければ、経済の実態を上回るマーケットの過熱=バブルが再び起きるし、現にその兆候はそこかしこに見られる。今回のバブルは過去のバブルとは違う形で起きる。株価はなかなか2万円台を定着できず、80年代のような過熱感はない。一方で債券市場は日銀の管理下のもと、典型的バブル状況。また相続税制度のゆがみをついたアパートローンの膨張、インバウンド消費を背景とした一部商業地地価上昇など、過去になかった事態が相次いでいる。著者は2017年4月よりBSジャパン『日経プラス10』のメインキャスター(月曜日と水曜日)を担当。日経新聞のコラムやツイッターともに、このテーマで情報発信している。
続きはコチラ



今そこにあるバブル無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


今そこにあるバブル「公式」はコチラから



今そこにあるバブル


>>>今そこにあるバブルの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)今そこにあるバブルの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は今そこにあるバブルを取り揃えています。今そこにあるバブルBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると今そこにあるバブルは918円で購入することができて、今そこにあるバブルを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで今そこにあるバブルを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)今そこにあるバブルを勧める理由


懐かしいコミックなど、店頭販売では発注してもらわないと買い求めることができない本も、BookLive「今そこにあるバブル」の形で多く並んでいるので、スマホ一つでゲットして楽しめます。
仕事の移動中などの空き時間を有効に使って、無料漫画を試し読みして自分に合う本を絞り込んでおけば、後日時間が作れるときに入手して続きを楽しむことが可能です。
一般的な書店では、商品である漫画を立ち読みされないように、ビニールカバーをつけるケースが一般的です。BookLive「今そこにあるバブル」を有効活用すれば冒頭を試し読みができるので、ストーリーを確認してから購入が可能です。
スマホの利用者なら、気楽に漫画を満喫することが可能なのが、コミックサイトの強みです。1冊ずつ買うタイプのサイトや月額料金制のサイトなど様々です。
無料電子書籍を活用するようにすれば、時間をとって書店まで行って中身を確認することは不要になります。そうしたことをしなくても、「試し読み」さえすれば中身の把握が可能だからというのが理由です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






今そこにあるバブルの情報概要

                         
作品名 今そこにあるバブル
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
今そこにあるバブルジャンル 本・雑誌・コミック
今そこにあるバブル詳細 今そこにあるバブル(コチラクリック)
今そこにあるバブル価格(税込) 918円
獲得Tポイント 今そこにあるバブル(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ