BookLive「ブックライブ」の少女は夜を綴らない無料試し読みコーナー


“人を傷つけてしまうかもしれない”という強迫観念に囚われている、中学3年生の山根理子。彼女は小学6年生のときに同級生の加奈子を目の前で“死なせてしまった”ことを、トラウマとして抱えていた。 “身近な人間の殺害計画”を“夜の日記”と名付けたノートに綴ることで心を落ち着け、どうにか学校生活を送っていた理子の前に、ある日、加奈子の弟・悠人が現れる。“加奈子の死”にまつわる理子の秘密を暴露すると脅され、理子は悠人の父親を殺す計画を手伝うことに。やむを得ず殺害計画を考えるうち、誰にも言えなかった“夜の日記”を共有できる悠人に心惹かれていく理子。やがてふたりは殺害計画を実行に移すが――。
続きはコチラ



少女は夜を綴らない無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


少女は夜を綴らない「公式」はコチラから



少女は夜を綴らない


>>>少女は夜を綴らないの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)少女は夜を綴らないの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は少女は夜を綴らないを取り揃えています。少女は夜を綴らないBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると少女は夜を綴らないは1512円で購入することができて、少女は夜を綴らないを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで少女は夜を綴らないを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)少女は夜を綴らないを勧める理由


本などの通販サイト上では、基本的に作者やタイトル以外、ざっくりとしたあらすじしか分かりません。でもBookLive「少女は夜を綴らない」でしたら、2~3ページくらいは試し読みができます。
「連載されている漫画が読みたい」という人には必要のないサービスです。けれども単行本として出版されてから購読するとおっしゃる方にとっては、購入前に無料漫画にて大筋を確認できるというのは、本当に役立ちます。
電子書籍ビジネスにはたくさんの業者が参入してきているので、必ず比較してから「どの電子書籍お使用するのか?」を決めるべきです。取り揃えている書籍数や価格、サービスの内容などを比べることを推奨します。
電子書籍を買い求めるというのは、ネットを通じて文字などの情報をゲットすることだと言えます。サイトが閉じられてしまいますと利用不可になってしまうので、何としても比較してから安心のサイトを選択したいものです。
コミックサイトも多々ありますから、比較検討して自分に適したものをピックアップすることが重要です。そんなわけですから、差し当たりそれぞれのサイトのセールスポイントを押さえることが求められます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






少女は夜を綴らないの情報概要

                         
作品名 少女は夜を綴らない
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
少女は夜を綴らないジャンル 本・雑誌・コミック
少女は夜を綴らない詳細 少女は夜を綴らない(コチラクリック)
少女は夜を綴らない価格(税込) 1512円
獲得Tポイント 少女は夜を綴らない(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ