BookLive「ブックライブ」のかーそる 2017年7月号無料試し読みコーナー


知的生産の技術で盛り上がる雑誌「かーそる」の第二号です。目次■特集:執筆の動機と道具 前半・ポメラを九年使って、僕が考えたこと(Hibiki Kurosawa)・たくらみの暖炉(いっき)・心地よく書くために。書きだす前にできるちょっとした工夫。(ruu_embo)・「書く」の向こうに待つもの(choiyaki)・文章スケッチを楽しむ(Go Fujita)・効率的に文章を書く方法(倉下忠憲)・黒歴史は動機だったのか道具だったのか(Tak.)■インタビュー:シェイクとスイングの向こう側へ■特集:執筆の動機と道具 後半・書く。整える、共感。(ruu_embo)・微小パルスの水路(いっき)・道具にひきだされる「こだわり」の味わい(choiyaki)・道具としての雑多、動機としての雑多(Tak.)・シンプルは武器になる(Go)・テレビのようなメカニズム(Hibiki Kurosawa)■執筆の現象学(倉下)■ひびきあい・境界のない議論 はじめに(Go)]・「かーそる」読書日記(7) Go Fujitaさんの章 子どもの知的生産の技能を,学校,家庭,地域社会で育てる(Lyustyle)・忘れてしまうぼくたちが忘れないために(Go)・境界のない議論 さぁしごとしよう(Go)■コラム・アルテさんのブックガイド 『思考のエンジン』(倉下)・「万年筆インク紙」片岡義男 (ruu)・『アウトライナー実践入門』をめぐる風景(Go)■巻末のあれこれ・≪刺激剤としての読書案内≫・≪執筆者一覧≫・≪Editor's sound≫
続きはコチラ



かーそる 2017年7月号無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


かーそる 2017年7月号「公式」はコチラから



かーそる 2017年7月号


>>>かーそる 2017年7月号の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)かーそる 2017年7月号の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はかーそる 2017年7月号を取り揃えています。かーそる 2017年7月号BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとかーそる 2017年7月号は799円で購入することができて、かーそる 2017年7月号を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでかーそる 2017年7月号を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)かーそる 2017年7月号を勧める理由


漫画が手放せない人にとって、コレクションのための単行本は価値があると思われますが、「読めればそれで十分」という人であれば、スマホで読むことのできるBookLive「かーそる 2017年7月号」の方がいいと思います。
一日一日を無駄なく過ごしたいなら、空き時間を有意義に活用すべきです。アニメ動画の視聴については移動中であってもできますので、こういった時間をうまく利用するのがおすすめです。
利用している人の数が加速度的に増加しつつあるのがスマホのコミックサイトです。ちょっと前までは「漫画は単行本で買うからいいの!」という人が一般的でしたが、電子書籍の形式で買って楽しむという方が確実に増えてきています。
コミックサイトは1つだけではありません。それらのサイトを可能な限り比較して、自分がいいと思うものを選定することが重要です。そうすれば後悔しなくて済みます。
本屋には置いていないであろう懐かしいタイトルも、電子書籍では扱われています。無料コミックのラインナップ中には、中高年世代が以前何度も読んだ漫画が含まれています。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






かーそる 2017年7月号の情報概要

                         
作品名 かーそる 2017年7月号
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
かーそる 2017年7月号ジャンル 本・雑誌・コミック
かーそる 2017年7月号詳細 かーそる 2017年7月号(コチラクリック)
かーそる 2017年7月号価格(税込) 799円
獲得Tポイント かーそる 2017年7月号(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ