BookLive「ブックライブ」の母の曠野無料試し読みコーナー


▼第1話/中国からの手紙▼第2話/逃避行▼第3話/収容所にて▼第4話/再会▼第5話/帰国▼第6話/予兆▼第7話/正月▼第8話/帰心▼第9話/彼岸▼最終話/母の旅  ●登場人物/江藤光一(すでに独立した3人の子どもをもつ父親。40年前に中国で別れた義母をひきとるが、文化の違いや自分の思いこみにとまどう)。江藤(管)きみ( 40年ぶりに日本に帰ってきた母親。しかし今の日本は自分の祖国ではないとわかり 、8カ月で中国に戻る)。  ●あらすじ/光一は、責任感が強く人望もあるサラリーマン。ある日、中国の母親から手紙が届く。母きみは、40年前に別れたきり消息がわからなくなっていたのだ 。終戦の直前、中ソ国境地帯の部隊にいた光一たちは、父と別れ厳しい逃避行をした経験をもっていた。中国語で書かれたその手紙には、生きている間にひとめ会いたいと書いてあった(第1話)。▼光一は家族会議を開き、母親を迎えにいくと宣言する。母とともに敗戦を迎えてから、軍隊の手を逃れ、現地民に追われながらもなんとか自決することなく逃げ延びることができたのは、偶然の結果だった(第2話)。▼一路母のいる竜江省へ向かう光一。国営農場に、深く皺の刻まれた年老いた母親をみつける。母は光一の入院費を工面するために中国人と再婚し、現地にとどまっていた(第3話)。  ●本巻の特徴/光一は継子だった。母は、光一と同じく先妻の子である立鮮を育て 、40年間中国で生き抜いてきた。日本に帰った母は、だんだん望郷の思いがつのる 。長年暮らし、亡くした3人の実子の眠る中国が、本当の故郷になっていたのだ。   ●その他の登場キャラクター/美登利(第1、5~最終話)、秀次(第1、2、5~最終話)、義光(第1、9話)、洋子(第1~3話)、哲男(第1~3話)、英一(第2、5~7、9、最終話)、咲枝(第2、5、7、9、最終話)、管立鮮(第5話)、武彦(第7~最終話)  ●その他のデータ/あとがき~久保田千太郎(脚本家)、年表・付表
続きはコチラ



母の曠野無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


母の曠野「公式」はコチラから



母の曠野


>>>母の曠野の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)母の曠野の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は母の曠野を取り揃えています。母の曠野BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると母の曠野は972円で購入することができて、母の曠野を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで母の曠野を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)母の曠野を勧める理由


コミックサイトの一番の訴求ポイントは、置いている漫画の種類が普通の本屋とは比較にならないくらい多いということでしょう。在庫を抱えるリスクが発生しない分、膨大な商品を取り扱うことができるというわけです。
「あれこれ比較せずに選択した」というような人は、無料電子書籍はどこも同じようなものという考えなのかもしれませんが、サービスの細かな点については各社それぞれですので、比較検討することは大切です。
しっかりと比較した後に、自分にピッタリのコミックサイトを決定する人が多いと聞いています。ネットを介して漫画をエンジョイする為には、様々なサイトの中から自分にふさわしいサイトをチョイスすることが必須です。
漫画と言うと、「若者をターゲットにしたもの」というふうにイメージしているかもしれないですね。けれどもここ最近のBookLive「母の曠野」には、中年層の方が「昔懐かしい」と思えるような作品も山のようにあります。
10年以上前に繰り返し読んだお気に入りの漫画も、BookLive「母の曠野」という形で閲覧できます。店舗販売では置いていない漫画も山ほどあるのが良いところだと言うわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






母の曠野の情報概要

                         
作品名 母の曠野
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
母の曠野ジャンル 本・雑誌・コミック
母の曠野詳細 母の曠野(コチラクリック)
母の曠野価格(税込) 972円
獲得Tポイント 母の曠野(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ