BookLive「ブックライブ」のあの頃の夏無料試し読みコーナー


あの頃の夏は、今より暑くはなかったけれど温かかった……。昭和から平成、そして現在をつなぐハートフルなショート・ストーリーを10話収録。物語の舞台は昭和40年代から現在まで。時代は移り変わり失われたものや変わってしまったものも多くあるが、人々の心は同じはず。そんな人々の小さな幸せや悲しみ、冒険を軽快なタッチで描き出す短編集。ウルトラマンブロマイドと駄菓子屋の思い出を描く『ぶんてこ』、東京下町に住む少年の昭和の冒険『マッカチン』、小学校教師と生徒の心温まる交流『大菩薩峠』、亡くなった祖父との思い出『佃小橋』、同名映画と不思議なほど似た冒険の『スタンド・バイ・ミー』、亡くなった父親の葬儀での不思議な出来事『供花』、東京深川の夏祭りを切り取った『升屋米店』、出世した男の幼い頃の思い出と現在の『屋上遊園地』、映画ファンなら懐かしい『パンフレット』、衰退する地元の町への郷愁『お月見泥棒』。古き良き日本を知る人も知らない人も、変わらぬ日本の心に触れる珠玉の一冊。かつて電子書籍で刊行された『SUMMERS~あの頃の夏』に2話を新たに加筆。
続きはコチラ



あの頃の夏無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


あの頃の夏「公式」はコチラから



あの頃の夏


>>>あの頃の夏の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)あの頃の夏の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はあの頃の夏を取り揃えています。あの頃の夏BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとあの頃の夏は540円で購入することができて、あの頃の夏を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンであの頃の夏を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)あの頃の夏を勧める理由


毎月の本の購入代金は、1冊単位での価格で見ればそんなに高くないですが、沢山買えば毎月の料金は高額になります。読み放題であれば固定料金に抑えられるため、支出を節減できるというわけです。
コミックサイトの一番の利点は、ラインナップの数が本屋とは比べものにならないくらい多いということです。売れずに返品する心配がいらないので、多数の商品を揃えることができるというわけです。
本離れが叫ばれるようになって久しいですが、電子書籍は新たな仕組みを展開することで、購入者数を飛躍的増加させているのです。画期的な読み放題というシステムが起爆剤になったのです。
休憩中などのわずかな時間を使って、無料漫画をチョイ読みして好みの作品を絞り込んでおけば、日曜日などの暇なときにDLして続きを読むこともできるのです。
「電車に乗車している最中にコミックブックを開くのは恥ずかし過ぎる」という人でも、スマホの中に漫画をダウンロードすれば、人目を気に掛けることなど全く不要だと言えます。このことがBookLive「あの頃の夏」の人気の秘密です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






あの頃の夏の情報概要

                         
作品名 あの頃の夏
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
あの頃の夏ジャンル 本・雑誌・コミック
あの頃の夏詳細 あの頃の夏(コチラクリック)
あの頃の夏価格(税込) 540円
獲得Tポイント あの頃の夏(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ