BookLive「ブックライブ」の龍が哭く無料試し読みコーナー


「新潟日報」他、10紙で連載の話題作、ついに刊行! 英雄か、大戯けか――。一介の武士から長岡藩家老に抜擢され、戊辰戦争に際し武装中立をめざした男、河井継之助の生涯を描き切った感動巨編。時は幕末、未曽有の財政難に苦しむ長岡藩を救いたい一心で、河井継之助は備中松山藩の山田方谷に弟子入りを申し込む。方谷のもとで経世済民の教えを学ぶかたわら、継之助は会津藩の頭脳・秋月悌次郎や仙台藩の隠密・細谷十太夫、のちに武器商人となるエドワード・スネルらと親交を深め、やがて長岡藩において軽視できない存在になっていく。しかし大政奉還、戊辰戦争といった時代の渦に、長岡藩はいやおうなしに巻き込まれていくことになり――。司馬遼太郎が『峠』で書いたのとは違ったかたちで、一人の人間としての河井継之助を鮮やかに描き出した、著者渾身の歴史小説。
続きはコチラ



龍が哭く無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


龍が哭く「公式」はコチラから



龍が哭く


>>>龍が哭くの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)龍が哭くの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は龍が哭くを取り揃えています。龍が哭くBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると龍が哭くは1800円で購入することができて、龍が哭くを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで龍が哭くを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)龍が哭くを勧める理由


スマホを持っている人なら、気楽に漫画を読むことが可能なのが、コミックサイトの最大の特長です。1冊毎に購入するスタイルのサイトや月額課金制のサイトがあるのです。
クレカで購入する電子書籍は、気付かないうちに金額が高くなりすぎているという可能性があります。だけども読み放題に申し込めば毎月の支払が決まっているので、どんなに読んだとしても金額が高くなりすぎることはありません。
「ここにあるすべての本が読み放題だとしたら良いのになあ・・・」という利用者の要望に呼応するべく、「月に固定額を払えば1回1回の支払いは不要」という形式の電子書籍が登場したわけです。
「生活する場所に保管したくない」、「読んでいるということを押し隠したい」という感じの漫画でも、BookLive「龍が哭く」を賢く利用することで一緒に暮らしている人に知られることなく閲覧できます。
1ヶ月分の料金を支払うことで、様々な種類の書籍を何冊でも閲覧できるという読み放題コースが電子書籍で人気を博しています。1冊毎に購入しなくて良いのが最大の利点なのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






龍が哭くの情報概要

                         
作品名 龍が哭く
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
龍が哭くジャンル 本・雑誌・コミック
龍が哭く詳細 龍が哭く(コチラクリック)
龍が哭く価格(税込) 1800円
獲得Tポイント 龍が哭く(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ