BookLive「ブックライブ」の反戦後論無料試し読みコーナー


1978年生まれの筆者の周囲にあったのは、茫漠たる郊外――ニュータウンだった。その出発点から、戦後思想とはどのように映るのか?大東亜戦争、象徴天皇、三島由紀夫、小林秀雄、福田恆存、柄谷行人、中上健次、坂口安吾、あるいはロレンス、ピケティ……。思索を深めるにつれ、あらわれてきたのは「政治と文学」という問題だった。本書は、必ずしも「戦後批判」を志向していない、端的に「戦後よ、さよなら」と言うものだと考えてもらいたい、と筆者は言う。「いずれにしろ、私は「政治と文学」のけじめを曖昧にしながら、いつかその両者が一致するだろうことを夢見るような「戦後」的な言葉については何の興味もないことだけは断っておきたい。私の描きたかったのは、人間の可能性ではなく、必然性であり、人間の自由ではなく事実だった。」 (あとがきより)いま文芸、論壇界で注目を集める気鋭の批評家が戦後思想に新たな問題を提起する画期的論考!【目次】I部―政治と文学郊外論/故郷論―「虚構の時代」の後に三島由紀夫の宿命―〈文学―天皇―自決〉の連関について「象徴天皇」の孤独宿命としての大東亜戦争「戦後」よ、さようならII部―文学と政治中上健次と私小説の運命柄谷行人試論―〈単独者=文学〉の場所をめぐって福田恆存とシェイクスピア、その紐帯坂口安吾の「いたわり」III部―幸福について「落ち着き」の在処ロレンスとピケティ―交換可能なものに抗して小林秀雄の〈批評=学問〉論落語の笑い―春風亭一之輔の方へ
続きはコチラ



反戦後論無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


反戦後論「公式」はコチラから



反戦後論


>>>反戦後論の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)反戦後論の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は反戦後論を取り揃えています。反戦後論BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると反戦後論は1500円で購入することができて、反戦後論を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで反戦後論を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)反戦後論を勧める理由


「電子書籍に抵抗感を持っている」というビブリオマニアも多いようですが、1回でもスマホで電子書籍を読んでみれば、持ち運びの手軽さや購入までの簡便さからヘビーユーザーになる人が珍しくないとのことです。
ユーザー数が著しく増えてきているのがネットで読めるコミックサイトです。ちょっと前までは漫画を単行本で買うという人が大部分を占めていましたが、電子書籍として買ってエンジョイするという方が増えつつあります。
話題のアニメ動画は若者だけをターゲットにしたものではなくなりました。中高年が見ても十二分にエンジョイできる構成内容で、荘厳なメッセージ性を秘めたアニメも少なくありません。
1日24時間を効率よく過ごしたいのであれば、空き時間を計画的に活用することが必要です。アニメ動画を見るくらいは移動の最中でも可能なことですから、そうした時間を賢く使うようにすべきです。
本屋には置いていないような大昔の本も、電子書籍なら見つかります。無料コミックの中には、団塊の世代が10代だったころに読みつくした本もかなりの確率で含まれています。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






反戦後論の情報概要

                         
作品名 反戦後論
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
反戦後論ジャンル 本・雑誌・コミック
反戦後論詳細 反戦後論(コチラクリック)
反戦後論価格(税込) 1500円
獲得Tポイント 反戦後論(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ