BookLive「ブックライブ」の十五年前のぼく無料試し読みコーナー


新進の鬼才がはなつ、ノスタルジック・パニックホラー! 恋人と仕事を同時に失い、消沈する青年・永島英(ながしま ひで)。かつていじめられたトラウマから、彼は他者に向き合うことができなくなっていた。そんな永島の元に、廃校寸前の母校で小学校の同窓会を開催するという招待状が舞い込む。過去に向き合うため、永島は出席を決意するが、級友との旧交を温める間もなく、異変が起きた。校舎は突然不可解な闇に閉ざされ、窓も扉も開かない牢獄に変貌。そして何者かの校内放送によって、集められたクラスメート達は互いに殺しあいを命じられてしまう…! これは凄絶ないじめの果てに廃人へと追い込まれた「山路君」の復讐なのか。それとも級友たちの誰かが企てた狂気のゲームなのか。隣の親友は、ほんとうに仲間か。仮面の巨漢・「十五年前のぼく」は何者なのか―!? 閉ざされた校舎から脱出するため、永島たちの絶望的な脱出行が始まる。
続きはコチラ



十五年前のぼく無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


十五年前のぼく「公式」はコチラから



十五年前のぼく


>>>十五年前のぼくの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)十五年前のぼくの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は十五年前のぼくを取り揃えています。十五年前のぼくBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると十五年前のぼくは709円で購入することができて、十五年前のぼくを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで十五年前のぼくを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)十五年前のぼくを勧める理由


店舗では扱っていないであろうずいぶん前のタイトルも、電子書籍では売られています。無料コミックのラインナップの中には、50歳前後の人が昔満喫した漫画も沢山含まれています。
漫画を購入するなら断然電子書籍という方が増えてきています。持ち運ぶことも不要ですし、片付ける場所も不要だという特長があるからです。尚且つ無料コミック化されているものは、試し読みが可能です。
スマホで読む電子書籍は、一般的な本とは異なり文字サイズを調節することができますから、老眼で見えづらいアラフォー世代以降の方でも問題なく読めるという特徴があるわけです。
買うより先にストーリーを知ることが可能であるなら、買ってから後悔せずに済みます。普通の書店で立ち読みをする時と同じように、BookLive「十五年前のぼく」におきましても試し読みを行なうことで、どんな漫画か確認できます。
読んでみたい漫画はたくさん売り出されているけど、買い求めたとしても本棚に空きがないという人もいるようです。そんな問題を回避するために、収納場所を考慮しなくて良いBookLive「十五年前のぼく」の人気が増大してきているのだそうです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






十五年前のぼくの情報概要

                         
作品名 十五年前のぼく
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
十五年前のぼくジャンル 本・雑誌・コミック
十五年前のぼく詳細 十五年前のぼく(コチラクリック)
十五年前のぼく価格(税込) 709円
獲得Tポイント 十五年前のぼく(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ