BookLive「ブックライブ」の教養としての社会保障無料試し読みコーナー


年金局長、雇用均等・児童家庭局長等を歴任し、その間、介護保険法、子ども・子育て支援法、国民年金法、男女雇用機会均等法、GPIF改革等数々の制度創設・改正を担当。さらには内閣官房内閣審議官として「社会保障・税一体改革」を取りまとめるなど、社会保障改革と闘い続けた著者による書き下ろし。日本の社会保障制度は、大きな曲がり角に差し掛かっています。安心社会の基盤となり、社会経済の変化に柔軟に対応し、社会の発展・経済の成長に貢献できる社会保障制度の構築は、これからの日本にとって必須の改革だと私は考えています。(中略)年金制度や医療制度を始めとする社会保障の諸制度は、市民一人ひとりの自立と自己実現を支えるための制度です。現代社会にあって、個人の自己実現を通じた経済の発展と社会の活力、そして市民生活の安定を同時に保障するサブシステムとして、人類が考え出した最も知的かつ合理的な仕組みであり、社会にとっても個人にとってもなくてはならない制度です。本書が、私たちにとってなくてはならない社会保障と、その社会保障制度が置かれている現状について理解するための一助になれば幸せです。(「はじめに」より)
続きはコチラ



教養としての社会保障無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


教養としての社会保障「公式」はコチラから



教養としての社会保障


>>>教養としての社会保障の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)教養としての社会保障の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は教養としての社会保障を取り揃えています。教養としての社会保障BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると教養としての社会保障は1728円で購入することができて、教養としての社会保障を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで教養としての社会保障を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)教養としての社会保障を勧める理由


店舗では、スペースの問題から並べられる本の数に限りがありますが、BookLive「教養としての社会保障」であれば先のような限りがないため、あまり一般的ではない作品も多いのが特徴でもあるのです。
「小さな画面では見づらくはないのか?」という様に不安視する人がいるのも承知していますが、リアルにBookLive「教養としての社会保障」を1冊買ってスマホで閲覧すれば、その手軽さに驚くでしょう。
コミックの購買者数は、時間経過と共に低下しているという現状です。今までと同じような販売戦略に捉われず、宣伝効果の高い無料漫画などを展開することで、新規顧客数の増大を企図しています。
BookLive「教養としての社会保障」を有効活用すれば、自分の家に本棚を準備することは不要になります。最新の本が出ていないかと本屋さんに出かける必要も無くなります。このような利点から、利用者数が増加しているのです。
無料コミックでしたら、買った方が良いかどうか迷っている漫画を試し読みで確認することができるのです。購入前に漫画の展開をある程度まで確認できるので、非常に人気を博しています。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






教養としての社会保障の情報概要

                         
作品名 教養としての社会保障
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
教養としての社会保障ジャンル 本・雑誌・コミック
教養としての社会保障詳細 教養としての社会保障(コチラクリック)
教養としての社会保障価格(税込) 1728円
獲得Tポイント 教養としての社会保障(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ