BookLive「ブックライブ」のともえ無料試し読みコーナー


源平から元禄。時空を越えたファンタジー近江義仲寺で運命的な出会いをした松尾芭蕉と智月尼。最晩年の芭蕉のプラトニックな関係と、巴御前との魂の交感を描く歴史時代小説。大津にある義仲寺、その境内にある巴御前の塚に額ずく一人の尼に、声を掛けたのは旅の途中の松尾芭蕉であった。そして芭蕉最後の恋が始まるのだった。その尼・智と芭蕉の淡い恋に、遥か五百年の時空を越えて巴御前と木曾義仲の縁が美しく絡む。近江と鎌倉を、そして過去と今を往還する純愛ファンタジー。解説・島内景二
続きはコチラ



ともえ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ともえ「公式」はコチラから



ともえ


>>>ともえの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ともえの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はともえを取り揃えています。ともえBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとともえは789円で購入することができて、ともえを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでともえを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ともえを勧める理由


1台のスマホで、気楽にコミックにどっぷり浸ることが可能なのが、コミックサイトの利点です。単冊で買うタイプのサイトや1カ月定額制のサイトなどがあります。
アニメが一番の趣味という方にとっては、無料アニメ動画というのは革命的とも言えるサービスなのです。スマホさえ所持していれば、無料で楽しむことができるのですから、本当に便利です。
無料漫画と申しますのは、書店での立ち読みのようなものだと考えられます。どんな内容かをそれなりに確かめてから購入できるので、ユーザーも安心感が違うはずです。
利用料が月額固定のサイト、登録の必要なく使えるサイト、1巻ずつ購入するタイプのサイト、タダで読めるタイトルが充実しているサイトなど、コミックサイトも各々違う点が見受けられますから、比較してみてください。
本の販売不振が指摘される中、電子書籍は画期的な仕組みを展開することによって、新規のユーザーを右肩上がりに増やしています。昔は考えられなかった読み放題という仕組みがそれを実現させたのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






ともえの情報概要

                         
作品名 ともえ
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ともえジャンル 本・雑誌・コミック
ともえ詳細 ともえ(コチラクリック)
ともえ価格(税込) 789円
獲得Tポイント ともえ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ