BookLive「ブックライブ」のラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016無料試し読みコーナー


ラジオは私にとって、幼い頃から聞いていた大切な仲間。スピーカーから流れてくる音楽を口ずさみ、踊り、微笑み、時に涙する。そして、ラジオに恋して…。本書では、そんな愛おしいラジオのお話や、私がラジオDJになるまでの経緯を大いに語らせていただきます。(本文「はじめに」より)1980年代、なぜみんながFMラジオを聞いていたのか。開局当時、東京で聴くことのできるおしゃれなラジオとして、たちまち人気を博したJ-WAVE。街中のあらゆるところでラジオが流れ、世界中の音楽がたくさんの人たちへ届けられていました。バブル絶頂期にあった創設当時の情景や、超大物アーティストとの交流(デビット・カッパーフィールド、ジェイムス・テイラー、デヴィッド・フォスター、ヴァン・ヘイレン、ジャクソン・ブラウン、エンヤ、セリーヌ・ディオン、オジー・オズボーン、タック&パティ等々)。とっておきのエピソードを初代DJ ルーシー・ケントさんに綴っていただきました。★パックンが絶賛! 1988年に開局したJ-WAVEの初代DJルーシー・ケント氏の初のエッセイ本。ラジオ好き、音楽好きは、懐かしくも新鮮に当時を思い出せる秘話が満載です。【目次】第1章 開局J-WAVEというラジオの金字塔第2章 世界中のアーティストがあのスタジオにいた第3章 いまでも電波にのせて届けたい話第4章 私はラジオに育ててもらった第5章 ラジオと出会う前、時は60年代に遡るDJ特別対談 ルーシー・ケント×ジェームス天願 ぼくたちは西麻布ではじめて出会った【著者プロフィール】ルーシー・ケント(LucyKent)アメリカ人と日本人の両親を持つ。アメリカ生まれ。3歳の時東京に移住。8歳の頃、原宿でスカウトされ、雑誌・ポスター・TVCM・TVアシスタント等モデルとして活動を始める。卒業後、ラジオDJ、ナレーター、MCの仕事をスタート。1981年からは六本木のライブ・ハウス「KENTOS」のヴォーカリストとして週6日、1日4ステージを6時間務めた。1988年、J-WAVE開局と同時に同局のDJに起用される。2004年7月まで同局で様々なレギュラー・プログラムの他、ホリデー・スペシャルやイベントの司会を担当する。
続きはコチラ



ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016「公式」はコチラから



ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016


>>>ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016を取り揃えています。ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016は1123円で購入することができて、ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016を勧める理由


幼少期に繰り返し読んだ懐かしい漫画も、BookLive「ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016」という形で閲覧できます。小さな本屋では取り扱っていない作品も数多くあるのが特色となっています。
「連載ものになっている漫画を楽しみにしている」という方には無用なものです。されど単行本出版まで待って買う方々からすると、単行本を買う前に無料漫画にて中身をチェックできるというのは、画期的なことではないでしょうか?
コミックブックと言えば、「若者を対象としたもの」というイメージを抱いでいるのではありませんか?けれど今日びのBookLive「ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016」には、中年層の方が「感慨深いものがある」と言ってもらえるような作品も数え切れないくらいあります。
コミックサイトの最大の魅力は、ラインナップの数がとても多いということでしょう。売れずに返品扱いになる心配がいらないので、数多くのタイトルを扱えるというわけです。
「どのサイトを通して書籍を入手するか?」というのは、かなり重要な事です。販売価格や使い勝手などに差異があるのですから、電子書籍と申しますのは比較しなくてはなりません。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016の情報概要

                         
作品名 ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016ジャンル 本・雑誌・コミック
ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016詳細 ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016(コチラクリック)
ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016価格(税込) 1123円
獲得Tポイント ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ 1980‐2016(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ