BookLive「ブックライブ」のバカボンのパパと読む「老子」 実践編無料試し読みコーナー


老子にならって「いらない言葉はお返しするのだ」日々の暮らしに役立つ。「バカボンのパパ語訳」による老子本、実践編の登場!「バカボンのパパ」の言葉による「老子」の超訳を試みた『バカボンのパパと読む「老子」』(角川文庫)。今回は、その実践編。老子を学び、いかにその知恵を日々の暮らしに取り入れていくのか? いかに「道(TAO)」とともに生きていくのか? これを、バカボンのパパとともに考えていく。老子の原文からくみとれるポイントと、身近に感じられる逸話を交互に積み上げていくスタイルで、いろいろと生きづらい日々を少しでも変えるためのヒントを、ドリアン助川がやさしく、そして強く語りかける。映画化され、大ヒットとなった著者の小説『あん』の原点がここに。現代社会に悩むすべての人に贈る応援の書。(主な内容)はじめにのはじめに、なのだ一、老子って、誰なのだ?二、TAOを知るのだ三、無為なのだ四、TAOのリズム、なのだ五、無駄は本当に無駄なのか?六、所有するとビンボーになるのだ七、いらない言葉はお返しするのだ八、孤独と向き合うのだ九、折れてくじけて強くなるのだ十、無理をせず、毎日少しずつでもやるのだ十一、争うべからず、なのだ十二、小さな命に教わるのだ十三、ぶれぶれこそまっすぐなのだ十四、足ることを知る、なのだ十五、大きなことは小さなことから始まるのだあとがきにかえて、なのだ
続きはコチラ



バカボンのパパと読む「老子」 実践編無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


バカボンのパパと読む「老子」 実践編「公式」はコチラから



バカボンのパパと読む「老子」 実践編


>>>バカボンのパパと読む「老子」 実践編の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)バカボンのパパと読む「老子」 実践編の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はバカボンのパパと読む「老子」 実践編を取り揃えています。バカボンのパパと読む「老子」 実践編BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとバカボンのパパと読む「老子」 実践編は691円で購入することができて、バカボンのパパと読む「老子」 実践編を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでバカボンのパパと読む「老子」 実践編を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)バカボンのパパと読む「老子」 実践編を勧める理由


「定期的に発刊されている連載漫画を楽しみにしている」という方には不要だと思われます。けれども単行本になるのを待って購読すると言う人には、単行本購入前に無料漫画にて概略を確かめられるというのは、購入判断の助けになるはずです。
“無料コミック”を活用すれば、検討中の漫画の冒頭部分を試し読みでチェックすることが可能です。買う前にストーリーをざっくりと確かめられるので、高い評価を受けています。
頻繁に漫画を買う人には、コミックサイトが便利です。買うのも非常に簡単ですし、新しく出る漫画を購入したいということで、その度毎に店頭で事前予約を入れることも必要なくなります。
スマホを所有していれば、いつでも漫画の虫になることができるのが、コミックサイトのメリットです。単冊で買うスタイルのサイトや月額課金制のサイトなど諸々あります。
BookLive「バカボンのパパと読む「老子」 実践編」の営業戦略として、試し読みが可能というサービスは文句なしのアイデアだと考えます。時間に関係なくあらすじを把握できるので、暇な時間を有効に使用して漫画を選定することができます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE






バカボンのパパと読む「老子」 実践編の情報概要

                         
作品名 バカボンのパパと読む「老子」 実践編
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
バカボンのパパと読む「老子」 実践編ジャンル 本・雑誌・コミック
バカボンのパパと読む「老子」 実践編詳細 バカボンのパパと読む「老子」 実践編(コチラクリック)
バカボンのパパと読む「老子」 実践編価格(税込) 691円
獲得Tポイント バカボンのパパと読む「老子」 実践編(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


このページの先頭へ